본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国「ウィズコロナ」が危機…高齢層のワクチン追加接種が至急

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版

新型コロナウイルス

韓国の「段階的な日常回復(ウィズコロナ)」が暗礁に乗り上げた。高齢層を中心にワクチン接種完了者の突破型感染事例が増え、重症患者が急増している。

中央防疫対策本部は26日0時基準で一日の新型コロナ新規感染者を3901人と発表した。1週間連日で3000人以上の新規感染者が発生し、重症患者も617人と、4日連続で過去最多となった。保健福祉部中央事故収拾本部によると、首都圏の病床待機者は1310人で、一日に270人も増した。今月1日のウィズコロナ転換当時の待機者は0人だった。権徳チョル(クォン・ドクチョル)中央災難安全対策本部第1次長(保健福祉部長官)は「ウィズコロナに入った後わずか4週目で、コロナとの戦争が最大の難関を迎えている」と述べた。

重症患者病床の不足も同じだ。首都圏の重症患者病床稼働率は84.5%にのぼり、残り108床となった。匿名を求めた感染病専門医は「重症患者病床は経歴のある看護師を含めて3-7人の医療スタッフが呼吸を合わせなければいけない極限の現場」とし「2年間続く強行軍で疲労した状態であり、いつ医療システム崩壊が起こるか分からないが、政府が約束した人員と費用の支援の話は聞こえない」と批判した。

現在の防疫状況で最も懸念されるのは、高齢層ワクチン接種完了者の突破型感染事例の増加だ。中央災難安全対策本部によると、先月31日から13日まで集計した感染者の36%、重症患者の84%、死者の95%が60代以上の高齢層だった。権第1次長は「全国民の79.4%が2回目の接種を終えたが、感染者の64%、特に60代以上の感染者の85%が突破型感染と確認された」と述べた。

政府は高危険群に対する追加接種(ブースターショット)を急いでいる。22日から高齢層と医療機関・療養施設の従事者に対して追加接種間隔を4カ月に短縮した。また、小児・青少年に対するワクチン接種を促す方針だ。権第1次長は「高齢層が迅速に追加接種を完了することで、重症患者の増加を防ぎ、医療体系を維持し、日常回復に向けて前進できる」と強調した。中央事故収拾本部のソン・ヨンレ社会戦略班長は「1カ月間の致命率は0.3-0.4%で、季節性インフルエンザ(致命率0.1%以下)に比べて相当高い」とし、マスク着用と室内換気を呼びかけた。

政府は29日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領が開く特別防疫点検会議で、接種証明・陰性確認制(防疫パス)強化など総合対策を確定する。梨大木洞病院のチョン・ウンミ呼吸器内科教授は「すでに病床がほぼ埋まっていて、医療体系が崩壊すれば方法がない」とし「自営業者に災難支援金を給付してでも集まりを自制する政策を考案する必要がある」と指摘した。これに関連し金富謙(キム・ブギョム)首相は「(ウィズコロナ)後退カードを使用するのは難しい」と述べた。政府はワクチン未接種者がコロナに感染する場合、治療費の一部を負担させることも検討している。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기