본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<全斗煥元大統領死去>韓国大統領府、追悼メッセージ出さず…与野党大統領候補「弔問しない」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

23日午後、全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領の死去に関連して記者会見をした青瓦台の朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官。 キム・ソンニョン記者

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が23日に死去した全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領の葬儀場に弔花を送ったり弔問したりしないことを決めた。大統領名義の追悼メッセージも出さない。

青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)の朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官はこの日午後の記者会見で「全斗煥元大統領の冥福を祈り、遺族に慰めの言葉を伝える」とし「最後まで歴史の真実を明らかにせず、誠意のある謝罪がなかった点に遺憾を表す」と述べた。続いて「青瓦台レベルの弔花と弔問の計画はない」と伝えた。

朴報道官は「冥福」と「慰め」という表現が入った青瓦台の立場を公開しながらも、主語を表記しなかった。青瓦台の発表文が文大統領の追悼メッセージではないという意味として解釈された。先月26日に盧泰愚(ノ・テウ)前大統領が死去した翌日、文大統領は葬儀を「国家葬」にすることを決め、大統領名義の追悼メッセージを出し、兪英民(ユ・ヨンミン)大統領秘書室長を葬儀に送った。

青瓦台関係者は「元大統領」の呼称を使用したこと関連し「最小限の礼遇なのか」という質問に対し、「報道官の記者会見のためにやむを得ず職責を使った」とし「文大統領が『全元大統領』と直接呼んだのではない」と答えた。

全元大統領の葬儀手続きについて、政府関係者は「政府レベルで国家葬をしないことにした。遺族が家族葬をしても政府レベルの支援はない」と伝えた。首相室の関係者も「国家葬で礼遇した盧泰愚元大統領とは状況が異なると判断している」と話した。

全元大統領側の閔正基(ミン・ジョンギ)元青瓦台公報担当秘書官は「故人が回顧録で『北側の地を見渡せる前方の高地に白骨でも残りたい』とした内容が事実上の遺言」とし「普段から『死んだら火葬してほしい』と話していたので家族はそうすることにした」と伝えた。また「火葬後は延禧洞(ヨンヒドン)で迎え、墓地が決まればそこにいくことになるだろう」と話した。出棺は27日午前8時。

◆与党「全斗煥氏」 野党「全斗煥前大統領」

全元大統領の死去に対する与野党の反応は微妙に違った。まず、呼称を与党は「全斗煥氏」、保守野党は「全斗煥元大統領」とした。

与党・共に民主党は弔問もせず弔花も送らないことにした。国家葬にも反対した。李在明(イ・ジェミョン)民主党大統領候補はこの日午前、「全斗煥氏は内乱虐殺事件の主犯」とし「私的な欲望のために国家権力を簒奪した、決して許されない犯罪について、最後までも国民に謝罪しなかった」と批判した。続いて「現在の状態では弔問は考えていない」と語った。

宋永吉(ソン・ヨンギル)民主党代表はフェイスブックに「生物学的な寿命が終わり、被疑者の全斗煥の公訴時効が満了した」とし「追徴金956億ウォン(約93億円)が未納状態だ。相続財産から追徴できるよう刑事訴訟法改正案を準備する」と書いた。
<全斗煥元大統領死去>韓国大統領府、追悼メッセージ出さず…与野党大統領候補「弔問しない」(2)

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기