본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米CDC、日本の渡航警戒を最低レベルに引き下げ…韓国は「レベル3」維持

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

仁川国際空港。 ビョン・ソング記者

米疾病対策センター(CDC)が15日(現地時間)、日本に対する渡航警戒レベルを最も低い「レベル1」に調整した。

ロイター通信によると、CDCはこの日、日本、インド、パキスタン、リベリア、ガンビア、モザンビークの渡航警戒レベルを「レベル1」に引き下げた。

半面、新型コロナウイルス感染者数が最近増えているチェコ、ハンガリー、アイスランドは最高の「レベル4」に引き上げた。

CDCの渡航警戒レベルは渡航前にワクチン接種完了を勧告する「レベル1」、ワクチン未接種で重症化リスクがある人は渡航を避けるよう勧告する「レベル2」、重症化リスクとは関係なくワクチン未接種者の不要不急の渡航自粛を勧告する「レベル3」、渡航を避けるよう勧告する「レベル4」がある。

国務省はCDCの分類を参考にして別に渡航警戒レベルを決めるが、レベル1「一般的な事前注意」、レベル2「強化された事前注意」、レベル3「渡航を再検討」、レベル4「渡航禁止」に分かれる。

日本はこの日、CDCでの渡航警戒レベルでは「レベル1」に引き下げられたが、国務省ではまだ「レベル3」に分類されている。

韓国はCDCと国務省の渡航警戒レベルともに「レベル3」のままだ。韓国は国務省の渡航警戒で「レベル1」まで引き下げられたが、8月に「レベル2」、9月12日には「レベル3」に引き上げられた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기