본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国政府、イランにアストラゼネカ製ワクチン100万回分供与

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国政府は25日、イランにアストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチン100万回分を供与すると明らかにした。

外交部と疾病管理庁はこの日、「韓国政府は新型コロナウイルス感染拡大傾向下でワクチン調達が円滑でなく深刻な人道的危機にあるイランにアストラゼネカ製ワクチン100万回分を供与する」と明らかにした。

このワクチンは27日にイランに到着し、両国間の60年にわたる友好関係の象徴としてイラン国民に伝えられる予定だと韓国政府は付け加えた。

韓国政府はこれまで人道的次元から国際社会のイランに対するワクチン支援に参加するという立場を持って供与と関連した具体的な案を協議してきたという。

新型コロナウイルス予防接種対応推進団によると、ワクチンを勧告回数通りに打ち接種が完了した人はこの日正午現在で3615万人と集計された。

昨年12月基準で5134万9116人の国民の接種完了率は70.4%で、18歳以上の人口比では81.9%だ。この日同じ時間基準で1回目の接種完了者は4080万人ほどだ。全人口比で1回接種率は79.5%で、18歳以上では91.8%に達する。

ワクチン別の累積接種完了者はファイザー製が1949万9380人、アストラゼネカ製が1093万170人(混合接種173万7172人含む)、モデルナ製が408万5777人、ヤンセン製が147万7381人だ。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기