본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

中国、極超音速ミサイル2回発射…FT「7、8月に1回ずつ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

中国の国旗

中国の「極超音速ミサイル」試験発射関連報道が波紋を呼んでいる中、英フィナンシャルタイムズ(FT)が21日(現地時間)、中国が7月と8月に1回ずつ、計2回のミサイル試験発射を実施したと、情報筋4人を引用して追加で報道した。

新たに把握された内容によると、中国軍は7月27日に部分軌道爆撃体系(FOBS)を利用し、核弾頭搭載が可能な極超音速滑空体(HGV)搭載ロケットを初めて地球軌道に試験発射したという。続いて8月13日に2回目の試験を行った。これに先立ち中国が8月に秘密裏に極超音速ミサイルを試験発射したというFTの報道があったが、その前に最初の発射があったということだ。

これに詳しい情報筋は、7月の最初の試験発射で見せた中国の新しい武器の力量に米国防総省と情報当局が驚いた、と明らかにした。ある関係者はFTに「(米国)政府の科学者らが米国が現在保有していない中国の技術を把握するために努力している」とし「中国の成果は物理的法則を逆らうように見える」と話した。

中国の極超音速ミサイルをめぐっては専門家の間でも意見が分かれた。米ミドルベリー国際研究所のジェフ・ルイス不拡散研究センター東アジア不拡散プログラム部長はFTに「中国も技術革新が可能だという可能性を念頭に置く必要がある」としながらも「中国政府が関連事実を誇張する可能性がある点も看過してはいけない」と述べた。

先週、ホワイトハウスはFTの関連質問に直接的な言及を避けた。オースティン米国防長官をはじめ政府高官らもこの実験に対する確認を拒否した。ただ、バイデン米大統領は20日、ペンシルベニアに移動中、中国の極超音速兵器開発を懸念しているのかという取材陣の質問に「その通りだ」と答えた。FTは、ワシントンの中国大使館がこの日の後続報道に対しても論評を拒否したと伝えた。

極超音速ミサイルとは低高度で音速の5倍以上の速度で飛行するミサイルをいう。放物線軌道を描いて目標へ向かう弾道ミサイルとは違って望む方向に機動可能であり、米国・ロシア・中国など軍事強大国が開発に拍車を加えている次世代武器だ。北朝鮮も先月28日、極超音速ミサイル「火星8型」の試験発射を実施し、開発競争に加わった。

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기