본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

次のターゲットは水素トラック…現代自動車とトヨタの競争にベンツも加勢

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

世界市場で水素トラック競争が激しくなっている。写真は現代自動車の水素トラック。[写真 現代自動車]

世界の自動車市場で水素トラック競争が本格化している。現代モービスは1兆3000億ウォン(約1254億円)を投資して仁川(インチョン)と蔚山(ウルサン)に水素燃料電池工場を作る計画を7日に発表した。工場が完成すれば2023年下半期から年間10万台分の水素燃料電池を生産できる。

現代自動車は昨年7月、スイスに水素トラックの「エクシエント」を輸出した。年末まで追加で140台を供給する。ドイツ、ノルウェー、オランダなどに水素トラックの輸出を拡大するという計画も持っている。エクシエントは95キロワット級水素燃料電池2個を搭載する。

現代自動車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)会長は先月7日の行事で「韓国の消費者も来年にはエクシエント水素電気トラックと会えるだろう」と話した。現代自動車は「ネクソ」に続きトラックやバスなど大型車に水素自動車生態系を拡張するという構想だ。

日本のトヨタ自動車は米国の水素トラック市場を集中的に攻略している。トヨタは昨年末からロサンゼルス港で水素トラック8台を試験的に運用中だ。年末までに米大手運送会社のUPSなどに水素トラック8台を追加で供給する。トヨタは水素燃料電池の効率を上げることに注力している。トヨタは10日、米カリフォルニア州で水素燃料5.65キログラムで往復1360キロメートルを走行する記録を立てた。水素電気乗用車である「ミライ」(2021年型)を1回充電した後で専門のドライバーが走行した結果だ。ミライに使われた技術は水素トラックにも応用できるとトヨタはみている。

北米地域の物流運送でトラックが占める割合は80%に達する。それだけ世界の自動車メーカーに北米のトラック市場は重要な意味を持つ。現代自動車も北米市場に水素トラックを投入する計画だ。7月にカリフォルニア港は親環境トラックを導入するプロジェクトの入札で最終供給業者の1カ所として現代自動車を選定した。現代自動車は2023年4-6月期からエクシエント30台を供給できる資格を得た。

ドイツのメルセデス・ベンツも水素トラック競争に参入した。ベンツは昨年、1回の充電で1000キロメートルを走行できる水素トラックを発表した。ベンツは2023年から試験運行を行い、2025年には水素トラックの量産に入る予定だ。

産業研究院のチョ・チョル専任研究員は「水素乗用車ほど水素トラックの開発競争も激しくなっている。量産規模を拡大し経済性を先に確保すれば競争でリードできるだろう」と話した。




関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기