본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓服を着て会議に出席した文大統領「コロナ日常回復の最後の関門」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

文在寅(ムン・ジェイン)大統領

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は12日、「今までうまくやってきたように、もう少し耐えれば計画通り皆さんが希望した日常回復段階に進むことができる」と述べた。

13日に開かれる「新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)日常回復支援委員会」の第1回会議(13日)に関連した発言だった。

文大統領はこの日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で主宰した国務会議冒頭発言で「(委員会の稼働は)段階的日常回復に進む最後の関門」と明らかにした。文大統領は「最近、コロナ感染者の増加が鈍化傾向を見せていて幸いだ。ワクチン接種も昨日1次接種4000万人を越え、接種完了率も全体人口の60%を突破した」と明らかにした。

続いて「18歳以上の成人人口に対してはそれぞれ90%(1次)と70%(接種完了者)を超えた。ブースターショット(効果補強のための追加接種)の接種も今日からスタートする」とし、日常回復までもう少し我慢してほしいと呼びかけた。

一方、文大統領と各部署の長官はこの日の会議に韓服姿で出席した。

文化体育観光部が11~17日を「秋の韓服文化週間」に指定したことに合わせて、韓服に対する国民の関心を喚起しようとの趣旨で企画されたイベントだ。

灰色のマゴジャ(重ね着用上着)とチョゴリ姿で会議を主宰した文大統領は「韓服はわれわれの伝統文化を代表する衣装で、世界の人々からその美しさと固有の価値を認められている」と強調した。

文大統領は最近、英国オックスフォード英語辞典に「韓服」(hanbok)という単語が新たに登録されたことについても「世界の人々の高い関心が反映された結果」と説明した。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기