본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国経済、内憂外患…KDI「内需不振の深刻化、サプライチェーンの危機拡大」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国経済

「外国為替平衡基金債券(外平債)の成功的発行により(中略)韓国経済に対する海外投資家の信頼を再確認することができた」

7日、洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官は、フェイスブックにこのような文を公開した。この日、韓国政府が13億ドル(約1449億円)規模の外平債の発行に成功したというニュースも伝えた。

今回の外平債加算金利は、ドル建て0.25%ポイント、ユーロ建て0.13%ポイントで過去最低を記録した。加算金利は、市場の流れによって変動する基本金利(指標金利)に加わる金利を意味する。国家信用度が高いほど加算金利は低くなる。

洪副首相は、「『疾風に勁草を知る』という言葉がある。激しい風が吹けば初めてどの草が強いか分かるという意味」とし「パンデミック危機以降、これまで韓国経済が見せた差別性を圧縮した表現」と自評した。

しかし、市場の反応は芳しくない。この日、ソウル外国為替市場でウォン・ドル為替レートは1191ウォンで取引を開始した。前日より下落(韓国ウォンの価値上昇)したものの、1.3ウォンと小幅に留まった。依然1190ウォン台に留まり、1200ウォンの境界を脅かしている。株価も同様だ。この日、韓国総合株価指数(KOSPI)は2936.87で出発した。前日比28.56ポイント(0.98%)上昇で取引を終え、依然3000を下回っている。韓国経済の内外を巡る状況が穏やかでないという傍証だ。

この日、国策研究機関の韓国開発研究院(KDI)の診断も「下方リスクの拡大」に焦点が合わせられた。景気が右肩下がりとなる可能性が高まったという意味だ。KDIは「KDI経済動向」報告書で、「最近の韓国経済は対面サービス業の不振により回復が鈍化した中、世界的な景気の不確実性も拡大し、下方リスクが増大している」と評した。

終わりの見えない社会的距離確保措置で宿泊・飲食店業など主要内需業種は枯死の危機だ。統計庁の発表によると、季節による影響を除いた(季節調整)サービス業生産増加率は7月の0.1%から8月は-0.6%に低下した。主に製造業の景気を示す鉱工業生産(季節調整基準、7月0.2%→8月-0.7%)も落ち込んだ。

KDIは「新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の再拡散と防疫措置強化が長期間続いたことにより、対面サービス業の不振が深刻化した」とし「製造業は、半導体を中心に改善の流れが続いているが、最近の中間材需給不安で自動車など一部業種の生産が萎縮して企業心理指標が下落するなど、下方リスクが拡大されている」と判断した。

これまで韓国の景気回復を牽引した輸出でも異常信号が検出されている。8月に34.8%に達した輸出額増加率(通関基準、前年比)が9月には16.7%に鈍化した。ますます水位が高まりつつある世界のサプライチェーン危機の影響が大きい。

KDIは「世界経済も新型コロナの再拡散とサプライチェーンの混乱などにより景気回復が弱まり、金融市場の変動性が拡大するなど対外環境の改善傾向が鈍化している」と分析した。中国・恒大グループの破産危機、加速する主要国の中央銀行の緊縮速度も市場に不安を加えている。中国など新興市場に対する海外投資家の不安が韓国市場に広がっている。

「サプライチェーン不安→物価上昇→金利引き上げ」につながる悪循環を断つのは既に困難だという評価だ。大信(テシン)証券のイ・ギョンミン投資戦略チーム長は、「グローバル・サプライチェーンのボトルネックが長期化し、物価上昇圧力が拡大している」とし、(これによる)景気不安が表面化しつつあり、動向の反転は期待できないという判断」だと述べた。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기