본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<大リーグ>今季の韓国人選手、目立った成績は残せず

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

柳賢振(リュ・ヒョンジン)

メジャーリーグ(MLB)の韓国選手で最年長になった柳賢振(リュ・ヒョンジン、34、トロント・ブルージェイズ)は14勝(10敗)をマークし、アメリカンリーグで勝利数2位タイとなった。メジャー進出後4度目の(2013、14、19、21年)で14勝をマークした。しかしシーズン全体では安定感を欠いた。

ストレートの球速は150キロ近いが、武器のチェンジアップの威力が弱まった。先月の4試合では1勝2敗、防御率9.20と振るわなかった。2013年のメジャー進出以降最多となるシーズン10敗を喫した。今季の防御率は4.37で最も高かった。被本塁打も24本と多かった。

9月の不振が最も惜しまれる。結局、トロントはポストシーズンに進出できなかった。この日、ニューヨーク・ヤンキースがタンパベイ・レイズに1-0、ボストン・レッドソックスがワシントン・ナショナルズに7-5で勝利し、ワイルドカード1位(92勝70敗)でポストシーズンに進出した。トロント(91勝71敗)は両チームとわずか1ゲーム差だった。これで柳賢振は2017年以来4年ぶりに秋の野球を休むことになった。

韓国選手のうち崔志万(チェ・ジマン、30、タンパベイ)と金広鉉(キム・グァンヒョン、33、セントルイス・カージナルス)だけが秋の野球に行く。しかし注目を集める選手ではない。崔志万は今年ひざの手術を受け、股、ハムストリングの痛みに苦しみ、打率2割2分9厘、11本塁打、45打点の成績だった。金広鉉は先発でスタートしたが、先月ブルペンに回った。今季は7勝7敗、防御率3.46。

今年メジャーリーガーになった金河成(キム・ハソン、26、サンディエゴ・パドレス)とパク・ヒョジュン(25、ピッツバーグ・パイレーツ)も好成績を出せなかった。金河成はフェルナンド・タティス・ジュニア、マニー・マチャドなどに押され、ほとんど代打や守備固めで出場した。打率2割2厘、8本塁打、34打点。

マイナーリーグ6年目だったパク・ヒョジュンは7月にヤンキースでメジャーデビューし、ピッツバーグに移籍した。打率1割9分5厘、3本塁打、14打点だった。

今年テキサス・レンジャーズに加わった梁ヒョン種(ヤン・ヒョンジョン、33)は主にマイナーで過ごした。メジャーでは3敗、防御率5.60だった。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기