본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

BTS、コールドプレイとコラボ『My Universe』でiTunes1位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

BTS

韓国ボーイズグループのBTS(防弾少年団)と世界的なロックバンド、コールドプレイ(Coldplay)のコラボ曲『My Universe』が各国iTunesのチャート首位に立った。

24日に発売された『My Universe』は米国・フランス・ドイツ・カナダ・スペイン・オーストラリア・ブラジルなどでiTunesのトップソング(Top Song)チャート1位を占めた。『My Universe』はロックバラード風の歌でBTSとコールドプレイが作詞・作曲を手掛けている。新しい始まりに対する希望を伝えるメッセージで、英語の歌詞とともに「君は僕の星であり僕の宇宙だから/今この試練も結局は今だけだから/君はいつまでも今のように明るく輝いて」などの韓国語の歌詞が登場する。今回のコラボレーションのためにコールドプレイのクリス・マーティンはこれに先立って4月に韓国に来たことがある。この曲はコールドプレイが10月に発売するオリジナルアルバムにも収録される予定だ。

またBTSジョングクが発表したソロ2曲は米国Billboard(ビルボード)のワールドデジタルソングセールスチャート10位圏中に10週連続同時ランクインして安定した人気をみせている。米国Billboardが発表した最新チャート(2021年9月25日付)によると、ジョングクの『My Time』と『Euphoria』がそれぞれがチャート7位と8位に入っている。

一方、BTSは26日に開かれたチャリティコンサート「Global Citizen Live(グローバル・シティズン・ライブ)」の初舞台を飾った。国際慈善団体「Global Citizen」が気候変動や貧困、コロナなど全世界が直面した問題に対して関心を促そうと企画したイベントで、大陸別に主要都市をリレーして司会者が挨拶の言葉をやり取りする形式だった。米国ロサンゼルス(LA)の公演司会者でタレントのスコット・エバンズは「いま世界でこれより人気のあるグループがいるのか分からない」と言いながらBTSを紹介した。

BTSは「ウェルカム・トゥ・ソウル、コリア」を叫びながら崇礼門(スンネムン、南大門)の夜間景観を背景に事前録画した『Permission to Dance』公演を披露した。カラフルな照明で輝く崇礼門をバックに40人のダンサーが合流してBTSと一緒に「楽しい」「踊る」「平和」という意味の国際手話を使って躍動的な舞台をリリースした。BTS側は「舞台セットは崇礼門の美しさを全世界にそのまま伝達できるように円形で製作され、舞台構造やフロアデザインなどにも韓国伝統模様が使われた」と説明した。

「Global Citizen Live」は地球環境を保護して貧困を撲滅するためのグローバルシチズン・キャンペーンの一環として行われた。この日24時間の生中継では、ソウルで公演を行ったBTSをはじめ、各分野のアーティストや活動家、指導者がニューヨーク・パリ・ドバイ・ロンドン・ロサンゼルス・ラゴス・リオデジャネイロ・シドニーなど大陸別の主要都市の象徴的な場所に用意された舞台でさまざまな公演を披露した。パリのシャン・ド・マルス公園ではエルトン・ジョンとエド・シーラン、ニューヨークのセントラルパークではコールドプレイやビリ一・アイリッシュ、ジェニファー・ロペスなどが出演した。「Global Citizen Live」は27日午前8時(日本時間)の米国ABCチャネルを通じて放送される。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기