본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「韓国重量挙げのレジェンド」張美蘭、大学教授に…ほっそりした驚きの近況

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

2008年北京オリンピック(五輪)ウエイトリフティング75キロ級で張美蘭(チャン・ミラン)が金メダルを獲得し、歓喜している。[写真 北京=オリンピック(五輪)写真共同取材団]

韓国ウエイトリフティング(重量挙げ)の伝説的なスターで、元国家代表の張美蘭(チャン・ミラン)が近況を伝えた。

今月21日に放送されたケーブルテレビt.castのEチャネルのバラエティ番組『遊ぶお姉さん2』では「2020東京オリンピック(五輪)」に出場した女子ウエイトリフティング国家代表チームのカン・ユニ、キム・スヒョン、ハム・ウンジ、イ・ソンミが出演して選手生活を始めたきっかけや五輪ビハインドなどを紹介した。

この日、キム・スヒョンは張美蘭選手の試合を見てウエイトリフティング選手の夢を育むことになったと明らかにした。

キム・スヒョンは「美蘭さんの試合を見て鳥肌が立った」とし「私もウエイトリフティングをすればうまくできそうな気がした」と話した。

キム・スヒョンは「中学校少年体育典のときに奨学金をもらえることになったが、その時に美蘭さんを初めて会った」とし「私が選手になったときは美蘭さんは引退されていたので一緒にトレーニングを受けたことはないが、今まで美蘭さんの妹のような関係を続けてきた」と話した。

続いて放送中にキム・スヒョンは張美蘭と電話をつなぎ話をした。張美蘭はキム・スヒョンの電話に「もしもし、スヒョン?」と親しく話しかけ、キム・スヒョンは「放送撮影中でとても緊張する」と話した。

張美蘭は大学教授として在職中である近況を伝えて「本業に集中しようと頑張っている」と明らかにした。続いて「今日引越しした。私にも家がなくちゃね」と話して明るい笑いを誘った。

張美蘭は五輪に出場した後輩たちに「どこか痛いところはないか。よく頑張って帰ってきたね。残念だ、物足りないと思うところはこれから埋めていけば良くなる」と助言を渡した。

特にこの日の放送を通じて公開された資料写真の中で、張美蘭は美しく引き締まった姿で目を引いた。

これに先立ち今月6月、オンラインコミュニティには「五輪金メダリスト張美蘭の近況」というコメントと共に張美蘭の写真が投稿されて大きな話題を呼んだことがある。眼鏡をかけた張美蘭は現役時期に比べて見違えるほどスマートになっていた。

張美蘭は2004年アテネ五輪で銀メダル、2008年北京五輪で金メダル、2012年ロンドン五輪では銅メダルを首にかけて韓国を代表するスポーツスターになった。特に2008年北京五輪ではスナッチ、ジャーク、合計すべてで世界新記録を出して金メダルを獲得した。

また張美蘭は世界選手権で4回の優勝に輝いたことがある。その後、2012年ロンドン五輪を最後に現役から引退した。

張美蘭は選手時期にもともとの体格以上の体にするために食事量を増やすなどして努力を続けてきた。引退宣言後、選手の時とは異なる食事メニューで自然に体重を落としていったという。

張美蘭は現在、龍仁大学で教鞭を取るかたわら、張美蘭財団を設立して幼少年アスリートの養成と引退選手の再社会化事業などに力を入れている。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기