본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

金与正氏が初めて文大統領の実名出した非難受け…韓国統一部「礼儀守るべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

金与正労働党中央委第1副部長[写真 青瓦台写真記者団]

韓国統一部は16日、金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党中央委員会副部長が前日の談話で文在寅(ムン・ジェイン)大統領の実名を出して非難したことについて、「いかなる場合でも、相手に対する礼儀と尊重は守るべきだ」と述べた。

統一部当局者はこの日、記者団に会い、「金副部長が複数回にわたり談話を出したが、大統領の実名を出したのは今回が初めて」と述べた。

続けて「北朝鮮がわが国の大統領に直接的に言及し、非難したのは、韓半島(朝鮮半島)の平和と南北関係の発展のためにならない」とした。

また、金部長の今回の談話の背景や意図については「今は予断せずに今後の北朝鮮の態度に綿密に注視し、あらゆる可能性に備えていく」と答えた。

金部長は15日に発表した談話で文大統領が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)潜水艦の発射試験を見学した後、「北朝鮮の挑発に対応可能な抑止力」と言及したことに対し「不適切な失言」と非難した。

金副部長は「一国の大統領としては愚かなことこの上ない」とし「大統領が、記者がむやみに使う『挑発』という言葉をそのまままねていることに対して非常に大きな遺憾を表明する」とした。

文大統領はこの日、SLBMの1回目の試験発射を参観し、「北朝鮮の挑発を抑止するのに充分だ」と述べた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기