본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国合同参謀本部「北が東海上に未詳飛翔体2発発射」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
北朝鮮が15日、東海(トンヘ、日本名・日本海)上に未詳の弾道ミサイル2発を発射したと、韓国の合同参謀本部が明らかにした。

合同参謀本部はこの日午後、北朝鮮が中部内陸一帯から東海上に未詳の弾道ミサイル2発を発射し、追加情報について韓米情報当局が精密分析中と明らかにした。これに先立ち合同参謀本部は、北朝鮮が東海上に未詳飛翔体を発射したと伝え、中央日報の取材の結果、飛翔体は2発と確認された。

合同参謀本部は「軍は監視および警戒を強化した中、韓米間で緊密に協調しながら万全の対応態勢を維持している」と説明した。

これに先立ち労働新聞は13日、「11日と12日に、新しく開発した新型長距離巡航ミサイルの試験発射に成功した」と報じた。この日の未詳飛翔体発射は労働新聞の報道の2日後だった。

今年に入って北朝鮮の武力示威は今回で5回目となる。北朝鮮はバイデン米大統領の就任直後の1月22日と3月21日に巡航ミサイルを発射した。3月25日には国連安保理決議違反となる短距離弾道ミサイルを発射した。

日本当局も北朝鮮の弾道ミサイル発射を確認した。共同通信はこの日、当局の関係者を引用し、北朝鮮が弾道ミサイルの可能性があるものを発射したと報じた。また発射されたミサイルは日本の排他的経済水域(EEZ)の外に落下したと伝えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기