본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「コロナ感染後、mRNAワクチン接種した一部の人にスーパー免疫」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)に感染後、ファイザーやモデルナのようなmRNA(メッセンジャーリボ核酸)系のワクチンを接種した場合、一部の人が「スーパー免疫」を持ったという研究結果が出た。

8日(現地時間)、米ニューヨークポストやNPR放送などによると、過去数カ月間、一部の人が新型コロナに非常に強力な免疫反応を示したという研究結果が発表された。

米ロックフェラー大学の研究チームは、先月オンラインで発表した研究で、新型コロナに自然感染した後、ファイザー、モデルナなどmRNAワクチンを接種した人のうち、一部から新型コロナの変異株を無力化する抗体を発見したと発表した。

研究チームは、これらの人が新型コロナに対して非常に強力かつ柔軟な抗体を持っていると判断した。研究参加者は、「今後、このような人が出てきて、あらゆる新型コロナ変異株から保護されることが予想される」と説明した。

スーパー免疫は、ウイルス感染やワクチン接種完了などで新型コロナに混合的に露出したことのある人に見られ、ハイブリッド(混合)免疫とも呼ばれる。NPRは、一部の研究チームがこれを「スーパーヒューマン(超人)免疫」、「防弾免疫」と呼んでいると伝えた。

ただ、研究チームは新型コロナ感染後にワクチン接種したすべての人にスーパー免疫が発生すると確信することはできないと指摘した。

研究チームは、「このような発見に基づき、最終的には免疫システムがウイルスよりも優位を占めるものと見られる」とし「運が良ければ、新型コロナは軽い風邪だけ引き起こす程度のウイルスの範疇に属すようになるだろう」と述べた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기