본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

死のコロナになったウィズコロナ…英国、一日死亡者209人に急増

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
いわゆる「ウィズコロナ(With corona)」を宣言する国が増加している中で、防疫規制の大部分を解除した英国が規制復活の可能性を示唆した。7日(現地時間)、一日の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の死亡者数が6カ月ぶりに最多となる209人を記録するなど新型コロナ状況が尋常ではないためだ。

この日、スカイニュースはナディム・ザハウィ・ワクチン担当相が新型コロナの入院患者数が今後も減らない場合、来月から防疫規制が再導入される可能性があるという報道を否定しなかったと伝えた。これに先立ってスカイニュースは、英国政府に新型コロナ対応関連に助言を行っている非常時科学諮問委員会(SAGE)所属のある科学者の言葉を引用して入院患者数が引き続き高い水準で推移する場合、政府が来月に規制の再導入を計画していると報じた。今月3日基準の英国の新型コロナの一日入院患者数は905人だ。

英国は7月19日、マスク義務着用を含む防疫規制の大部分を緩和して「ウィズコロナ」に入った。英国は当時人口全体のコロナワクチン接種完了率が50%を上回り、現在は63.6%に達する。一日死亡者数は1月に1000人以上発生していた時と比較して減少したが、6月に一桁台まで減少したことと比べると防疫解除以降は増加している。

デルタ(インド発)株ウイルスが拡散してワクチン接種率がウィズコロナを施行するには充分ではなく、規制を一気に撤廃した影響ではないかという分析も出ている。一日感染者も最近平均3万8000人以上発生し、今年1月6万人台に比べれば減少したものの、5月1000人台まで減って再び増加している。

スカイニュースによると、ザハウィ氏は「全面封鎖は最後の手段になる可能性が低いが、医療システムに過負荷がかかる場合、一部の措置は導入されるかもしれない」と明らかにした。ただし、規制復活が高齢者等を対象としたブースターショット(3次接種)計画の成否によって変わる可能性があると付け加えた。

ザハウィ氏は「ブースターショットが新型コロナを風土病(エンデミック)に転換するのに絶対的な役割を果たすと見て最優先で推進している」とし「経済再開放はわれわれが追加接種をうまくやってこそ維持することができる」と話した。

ガーディアンによると、英国総理室報道官も再封鎖は否定したが、新型コロナ患者によって国民保健サービス(NHS)に耐えがたい圧迫が加えられることを防ぐための最後の手段として規制が再導入される場合もあると明らかにした。

インペリアル・カレッジ・ロンドンのニール・ファーガソン教授は「2~3週間、感染者が増加したあと高止まりして減少するとみている」としながらも「問題は感染者が6~8週間増える可能性もあり、この場合入院患者数が相当な負担になる水準に増加するということ」と懸念した。これに対して英国内の専門家は基本的な防疫規制を再導入する必要性があるという見解を出している。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기