본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国の今年の新生児、高校卒業時には国の借金1億ウォン背負う

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国の今年の新生児が将来莫大な借金を負うことになった。[写真 Pixabay]

国の債務が速いスピードで増えており、今年生まれた子どもが高校を卒業する時には1億ウォンを超える国の借金を背負うという見通しが出てきた。

韓国経済研究院は30日、「国の債務増加と生産可能人口当たり負担額」分析結果を発表した。これによると、新型コロナウイルス発生前の2014~2019年の国の債務増加速度は年平均6.3%だった。こうした増加傾向が続く場合、15~64歳の国民1人当たりの国の借金は2038年に1億ウォンを超え、2047年に2億ウォン、2052年には3億ウォンを超えると予想された。

韓国の国の債務は昨年末基準847兆ウォンで、名目国内総生産(GDP)比44%を記録した。2018年に35.9%だった債務比率は2019年には37.7%に上昇し、昨年は初めて40%を超えた。新型コロナウイルス流行などに対応して財政支出を急激に増やし、2020年の1年だけで国の借金が124兆ウォン増加したためだ。企画財政部によると今年にも災害支援金支給などで国の債務は急増がつづき、国の債務比率は47.2%まで上がると予測される。

これまで韓国政府は国の債務比率40%を政府の財政健全性のマジノ線としてきた。国の格付けAAの国の大部分が債務比率40%以下を維持している。韓国経済研究院は「世界3大格付け会社のひとつであるフィッチ・レーティングスも最近韓国の債務急増が経済に潜在的脅威になりかねないと指摘した。新型コロナウイルスの特殊性を考慮しても最近の韓国の国の債務増加速度は非常に懸念される水準」と話した。

韓国経済研究院は今後国の債務増加率が新型コロナウイルス発生前の水準である年平均6.3%台を維持するとしても国の債務は2030年に1913兆ウォン、2040年に3519兆ウォン、2050年には6474兆ウォンと急速に増えるだろうと予想した。ここに少子高齢化で生産可能人口が減少し、未来の国民の債務負担はさらに増える見通しだ。

統計庁が2019年に発表した将来人口特別推計によると、韓国の生産可能人口は昨年末の3736万人から2030年が3395万人、2040年が2865万人、2050年が2449万人と着実に減少すると予想される。最近の国の債務増加速度と生産可能人口見通しを基準として計算した結果、生産可能人口1人当たりの国の債務は昨年末の2267万ウォンから2038年に1億502万ウォンに増え、2047年に2億1046万ウォン、2052年には3億705万ウォンまで増加する。

韓国経済研究院はこれに備えて昨年韓国政府が発表した「韓国型財政準則」の法制化を急がなければならないと指摘した。韓国型財政準則は法的拘束力を持った原則で、財政健全性を維持するために国の債務比率は60%、統合財政収支赤字はマイナス3%を超えないようにする内容を含んでいる。昨年10月に導入を予告したが、政府発議法案は依然として国会に係留中だ。

韓国経済研究院は、財政準則法制化が遅れる間にも財政支出は増え続け、今年末の統合財政収支がGDP比マイナス4.4%を記録するものと予想した。韓国経済研究院のチュ・グァンホ経済政策室長は「子ども世代に過度な負債負担を譲らないようにするなら財政準則法制化など厳格で体系的な財政健全性管理が至急だ」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기