본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

コロナで変化した五輪…韓国国民が選んだ東京大会の名場面

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

東京五輪

コロナで1年延期された東京オリンピック(五輪)が終わってからいつのまにか半月が過ぎた。今回の五輪は金メダルや人気種目に歓呼していた過去とは違い、韓国女子バレーボールのように強い相手と対戦しながら最後まで諦めない闘志を発揮したり、走り高跳びのウ・サンヒョク選手のように緊張状況を楽しんだりする姿のほうに韓国国民は大きな拍手を送ったようだ。

では今回の東京五輪で韓国国民が最も印象深いと思った場面は何だろうか。

オンライン調査専門会社「dataSpring(データスプリング)コリア」がパネルナウプラットフォームを使って全国満14歳以上3万566人を対象に開放型アンケート調査を実施し、データ分析専門社会的企業ヒドゥン・グレイスがTF-IDF、ログオッズ比などの分析技法を使ってテキスト分析を進めた。テキストは3つの単語に限定した。

全般的に「メダルを取ることはできなかったが」「放棄しないで」「放棄しない」が主をなした。また、人物中心に調べた時は女子バレーボールの「金軟景(キム・ヨンギョン)」選手とアーチェリーの「安山(アン・サン」「キム・ジェドク」選手が最も多く言及された。

性別別では、女性は金軟景選手が言及した「やってみよう、やってみよう、後悔しないで」という言葉に、男性はウ・サンヒョク選手が樹立した「走り高跳び韓国新記録」に最も多く言及した。

年齢帯別では、10代から40代までは「諦めない」「諦めずに」などのスポーツ精神により多く言及していた反面、50代以上の年齢層は「走り高跳び韓国新記録」と「アーチェリー安山3冠」などの成果を印象深く受け止めたことが確認できた。

地域別では「諦めずに」競技に臨んだ選手から深い印象を受けたことを確認することができた。特に首都圏と慶尚(キョンサン)圏、全羅(チョルラ)圏は「アーチェリー3冠安山」選手に対して多くの言及があり、忠清(チュンチョン)圏と済州(チェジュ)圏は「走り高跳び韓国新記録」を樹立したウ・サンヒョク選手、江原(カンウォン)圏は「やってみよう、やってみよう、後悔しないで」を叫ぶ女子バレーボールの金軟景選手に深い印象を受けたことを確認することができる。

東京五輪に対する開放型アンケートを通じて、「諦めずに最善」を尽くした選手に国民は大きな感銘を受け、このコロナ時代において多少なりとも慰められていたことが間接的に分かった。

これまで「成果」に集中していた韓国文化がMZ世代を主軸に「過程」に集中する文化に変わっているのを感じることができた。成果より努力と過程が光る世の中が、今後MZ世代が世代が導いていく世の中ではないか考えることができた。

24日、東京パラリンピック(障がい者五輪)が「私たちには翼がある(We have wings)」という主題で大会が始まった。障がい者の諦めない姿を見て、国民がもう一度力をもらい、社会でも「成果」よりは「闘志と努力」を認めて、障がい者も社会構成員として参加できる機会がさらに多くなることを希望する。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기