본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「韓国のワクチン証明は認めない」という香港、12分後に変更した理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
香港が20日、韓国など中危険国に対し、ワクチン接種証明書を認めることにした。韓国でワクチンを接種すればビザを受けて香港を入ることができるということだ。隔離期間は依然として14日間だ。

香港の政策変更は突然発表された。この日0時12分、香港政府はホームページで「香港に到着する人に対する予防接種記録要求事項を調整する」とし「中危険国と台湾などに滞留した香港入国者の場合、関連機関が発行したワクチン接種記録を所持していれば入国要件を満たすものと見なす」と明らかにした。中危険国は高危険国に指定された米国・英国・フランス・ブラジル・インドなど25カ国を除いた残りの国をいう。低危険国に指定された国はニュージーランドだけだ。

これを受け、中危険国で2回の接種完了記録がある場合、ビザを受けて香港のホテルで14日間隔離すればよい。接種が1回の場合、高危険国と同じく21日間の隔離が必要となる。

これに先立ち香港政府は17日、「20日0時からコロナワクチン証明書の認定基準を強化する」とし「世界保健機関(WHO)が先進規制機関国家に指定した36カ国以外の国で発行されたワクチン接種証明書は認定しない」と発表し、各国の混乱を招いた。

先進規制機関国家はWHOが「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」に基づき医薬品調達決定のために開発した基準で、米国・フランス・カナダ・オーストラリアなど36カ国が含まれるが、韓国は対象国でなかった。これを受け、この日から韓国からは香港に入ることができず、訪問予定だった企業関係者の日程に支障が避けられない状態だった。

立場を変えた理由について香港政府は明らかにしていない。香港総領事館の関係者は「突然、自国民の大きな不便が予想され、わが国をはじめ中危険国から激しい抗議があった」とし「これを受け、香港政府が制限レベルを引き下げたとみられる」と説明した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기