본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【噴水台】トルリョマッキ--「その場しのぎ」に陥った大韓民国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
「韓国の信用危機がプラスチック・バブルで再現される兆しを見せている」

2002年4月、英国の週刊誌エコノミストが、韓国のクレジットカード大乱をこのように圧縮して表現した。1997年に通貨危機が起こった後、韓国政府がクレジットカード景気浮揚に乗り出したのが禍根となった。カード会社は質問や確認なく、クレジットカードを発行した。繁華街では贈答品を掲げてクレジットカードの申し込みを受け付けるブースが登場した。収入がない大学生も署名するだけでクレジットカードを発行してくれた。

対価は大きかった。カード会社の負債は90兆ウォン(約8兆4600億円)に迫った。1999年8月に崩壊した大宇(テウ)グループの負債60兆ウォンを超えた。カードの乱発は家計負債の急増と信用不良者の量産を招いた。借金で借金を返済する「トルリョマッキ(転用して穴埋めすること:自転車操業、その場しのぎの意)」という新造語もこの頃作られた。下の石を取って上の石を支える「下石上台」が失敗するほかないことを、小さなプラスチックのカードが警告したのだ。

しかし、「トルリョマッキ」は血肉になる経験則として残ることはできなかった。裁判の最中のライム資産運用ファンド事件とオプティマス事件は、資産のトルリョマッキで投資家を欺いたという点で似ている。

トルリョマッキは、日常の奥深く食い込み、誰もが使う単語になった。オープン辞書にも登録された。国立国語院の参加型国語辞典「ウリマル・セム(韓国語の泉):はトルリョマッキをこのように定義している。「足りないお金や物などを、他の場所から借りたり入手することを繰り返し、問題が起こらないようにすること」。コロナ発個人破産の急増で、トルリョマッキは標準国語大辞典さえも占領する勢いだ。

文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後、トルリョマッキは、その意味を拡張した。人事トルリョマッキ、予算トルリョマッキに続いてワクチントルリョマッキまで登場した。モデルナワクチンの輸入量が半減すると、政府は1、2次ワクチン接種の間隔を6週に延ばした。食品医薬品安全処に登録された医薬品の用法・容量も軽く無視している。ファイザーとモデルナワクチンの1次~2次の接種間隔は、それぞれ3週間と4週間だ。一部メディアは、世界保健機関(WHO)の勧告案に基づき、接種間隔を6週にしても問題がないというニュースを流しているが、これはデルタ株が最も優勢な株になる前に作られたものだ。デルタ株の感染を予防するためには、2次接種が必須という研究結果が続々と出てきている。接種間隔を6週間に調整したのは、1次接種率を高めるために2次ワクチンを当てるトルリョマッキのためだ。これからは、トルリョマッキ式K防疫から脱しなければならない。

カン・ギホン/産業1チーム記者

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기