본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<東京五輪>韓国女子バレー、決勝進出ならず…監督「ブラジルとレベル差」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

6日、2020東京五輪女子バレーボール準決勝で審判の判定に抗議するラバリニ監督。東京=五輪写真共同取材団

「ラバリニマジック」は続くのか。ステファノ・ラバリニ監督が率いる女子バレーボール韓国代表は6日、東京有明アリーナで行われた東京オリンピック(五輪)準決勝でブラジルにセットスコア0-3(16-25、16-25、16-25)で敗れた。女子バレーボールは4日の準々決勝でトルコに勝利し、2012年ロンドン大会(4位)以来9年ぶりに準決勝の舞台を踏んだ。余勢を駆って史上初の決勝進出を狙ったが、優勝候補ブラジルの壁を越えるには力不足だった。代表チームは8日にセルビアと3位決定戦を行う。完敗だった。ブラジルの攻撃3選手が計39得点した。一方、韓国は主砲の金軟景(キム・ヨンギョン)が10得点に抑えられた。パク・チョンア(10得点)が奮闘したが、キム・ヒジンは4得点に終わった。ラバリニ監督は試合後、「ブラジルのような強いチームと対戦し、レベルの差を感じた。このような試合は残念だというより、相手チームを祝うべきだと考える。(準々決勝の)トルコ戦で見せてくれた闘志で次の試合に向けて徹底的に準備する」と述べた。3位決定戦で対戦するセルビアは1次リーグで0-3で完敗している。ティアナ・ボスコビッチ(24)をどう防ぐかがカギだ。ラバリニ監督は「もちろん戦力も重要だが、トルコ戦やその前に見られた闘志のようなものを生かして多くのチャンスを作り、相手にプレッシャーをかけたい」とし「セルビアは強いチームであり、負けることもある。すべてを注いで最善を尽くして試合をすれば『私たちは頑張って発展してきた』ということを話したい」と選手団を激励した。ブラジル戦での金軟景の不振も心配していない。ラバリニ監督は「金軟景の問題とは考えていない。ブラジルは非常に強いチームであり、結局、バレーボールはチームワークだ」と強調した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기