본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<東京五輪>「試合終われば死ぬかもしれない」…日本の殺人的な暑さに選手ら汗だく

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

東京晴海地域の五輪選手村の様子。[写真 オリンピック写真共同取材団]

「試合は終えられるが死ぬかもしれない」。

東京五輪のテニス競技に出場した世界ランキング2位のダニル・メドベージェフ選手(ロシア五輪委員会、ROC)は競技中に審判に近付きこのように吐露したという。高温多湿な日本特有の蒸し暑さが続き、東京五輪出場選手らの不満も日増しに大きくなっている。

毎日新聞は29日、蒸し暑さに対する選手らの不満が続いており、東京都江東区の有明テニスの森公園のテニスコートの温度は日中に50度まで上がると報道した。

選手らにとって恐怖の対象は新型コロナウイルスよりも熱中症だ。通常プロテニスのアジアツアーは秋に開催されるため、選手らはこうした蒸し暑さをこれまで経験したことがなかったのだ。

世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手(セルビア)も主宰側に試合を夕方に開催するよう再三にわたり要請した。結局国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会はこの日からテニスの試合開始時間を午前11時から午後3時に変更することにした。

蒸し暑さで苦しんでいるのは他の種目の選手らも同じだ。ROCのアーチェリー代表スベトラーナ・ゴムボエワ選手は23日に猛暑のため気を失って倒れ、熱中症の診断を受けた。

スケートボード男子ストリートの「絶対王者」に挙げられる米国のナイジャ・ヒューストン選手は、蒸し暑さで実力が発揮できず決勝で7位にとどまった。彼は「ひどい暑さでボードが曲がる。容易ではない」として無念さを示した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기