본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国、モデルナに続いてノババックスも支障…下半期のワクチン需給に混乱続く

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

27日、大田市中区(テジョンシ・チュング)の予防接種センターで市民が新型コロナワクチンを打っている。フリーランサーのキム・ソンテ

新型コロナワクチンの需給日程が先送りされ、50代の接種計画に混乱が続いている。モデルナ社が生産に支障が生じたという理由で7月に供給することにしていた物量を8月に提供すると通知してきたためだ。防疫当局は直ちに来週予定された満55~59歳対象者にモデルナ製の代わりにファイザー製ワクチンを接種することにした。わずか2週間前に公言した「7月内ワクチン1000万回分導入」の約束は守れなくなった。さらに、7-9月期から導入される予定のヤンセン製とノババックス製ワクチンの需給状況もめどが立たず、下半期の接種日程全体が複雑になるのではないかという懸念の声があがる。

新型コロナ予防接種対応推進団(推進団)は27日、ブリーフィングで7月供給予定だったモデルナ製ワクチンが8月に入ってくることに日程が調整されたと明らかにした。このような状況であるにもかかわらず、政府はモデルナに抗議や問題提起をすることができない。契約に違反したわけではないからだ。韓国政府は昨年末4000万回分のモデルナ製ワクチンを先行購買契約を締結した。導入物量は四半期期別に決まっている。該当四半期別物量の中で月別・週別物量を協議して搬入する方式だ。このため、生産問題にともなう物量の繰り越しも契約違反事項でない。慶尚南道(キョンサンナムド)医師会のマ・サンヒョク感染病対策委院長は「製薬業界では政府がモデルナと不合理な契約を結んだという指摘が出る」と話した。

モデルナ製ワクチンの需給遅延で26日から始まった55~59歳年齢層の接種計画が変更された。当初首都圏はファイザー、非首都圏はモデルナを接種することにしていたが、全部ファイザーを打つことになった。翌月16日から接種予定の50~54歳もファイザーを打つ可能性が大きい。一部では政府がワクチン需給状況を楽観し過ぎて混乱をもたらしたという指摘も出た。わずか2週間前には推進団が「7月内ワクチン1000万回分導入」計画に全く問題がないという立場を見せた。当時、1000万回分の中で導入が完了したワクチンはモデルナ75万回分、ファイザー213万回分など288万回分が全部だった。50代の接種を控えてワクチン需給を懸念する声があがる。

懸念は現実になった。この日、推進団の発表によると、7月1カ月間入ってくることに確定していたワクチンは計908万2000回分に減った。約束された物量より約92万回分少ない。高麗(コリョ)大学九老(クロ)病院感染内科のキム・ウジュ教授は「このようにワクチンの需給が遅れれば、9月内に累積3600万人の1回接種目標も水の泡になる恐れがある」と指摘した。

7-9月期のノババックス製とヤンセン製ワクチンの需給日程も依然として不透明だ。ノババックス製は4000万回分が予定されているが、直ちに食品医薬品安全処の品目許可を得たものから遅れ、9月接種も難しいだろうという見通しが出ている。ヤンセン製は米国政府が供与した100万回分を除けば、29日に入ってくる10万1000回分が全部。約590万回分がさらに必要だが、具体的な日程は発表されたのがない。

一方、防疫当局によると、27日午後9時まで新規感染者は1712人だった。前日と同じ時間の1219人より493人多い。清海(チョンヘ)部隊員感染者270人が反映された21日(1726人)を除いては、今回の「第4次大流行」以降午後9時基準で最多だ。28日0時基準では1800人台前後になるものとみられる。1842人(22日)を超えれば、再び最多記録を更新することになる。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기