본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

東京五輪開会式の演出担当者解任…「ユダヤ人大量虐殺を戯画化」

ⓒ 中央日報日本語版

東京オリンピックスタジアム[写真 オリンピック写真共同取材団]

東京オリンピック(五輪)開会式の演出担当の小林賢太郞が解任された。

東京五輪・パラリンピック組織委員会は、第二次世界大戦当時のユダヤ人虐殺を戯画化する過去の動画が物議をかもしている東京五輪開会式の演出担当者の小林賢太郞氏(48)を解任したと22日、発表した。

お笑い芸人出身の小林は、過去にコントで「ユダヤ人大量虐殺ごっこをやろう」というセリフを言う動画がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などで拡散し、論議が起こった。

共同通信によると、米国に拠点を置くユダヤ系国際人権団体のサイモン・ウィーゼンタール・センターは21日(現地時間)、ユダヤ人大量虐殺を扱った喜劇で小林氏が述べたセリフを非難する声明を発表した。

同団体は、声明で「どんなに創造性のある人物でも、ジェノサイド(民族虐殺)の犠牲者をあざける権利はない」とし「この人物が東京五輪に関わることは、(殺害された)600万人のユダヤ人の記憶に対する侮辱」と指摘した。

橋本聖子東京五輪組織委員会会長はこの日の記者会見で、小林氏の解任について「開会式を目前に控えてこのような事態になり、多くの関係者、都民、国民にご心配をおかけしたことを深くおわび申し上げる」と述べた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기