본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

東京五輪の最初の競技、福島原発から67キロの球場で開催

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

2020東京五輪開幕を1週後に控えた16日の東京オリンピックスタジアム[写真 オリンピック写真共同取材団]

東京オリンピック(五輪)の最初の公式競技が福島で開催された。

五輪開会式の2日前の21日、福島県あづま球場でソフトボールのグループリーグ第1戦、日本-オーストラリアの試合が行われた。「ディフェンディングチャンピオン」の日本はオーストラリアに8-1でコールド勝ちした。

日本は今回の五輪を「復興オリンピック」として開催するとし、福島で東京五輪の初戦を開催すると明らかにしていた。

試合が行われたあづま球場は、2011年の東日本大震災で事故が発生した福島第1原発から直線でわずか67キロの距離にある。

韓国国内のネットユーザーは「福島で? 正気か?」「命よりもメダルが大切みたいだ」「結局ここで行われたのか」「何を根拠に克服したというのだろうか? 復興オリンピック?」などの反応を見せた。

あづま球場ではこの日の試合のほか、28日には野球の開幕戦も予定されている。6カ国が出場する東京五輪の野球は、日本-ドミニカ共和国の開幕戦があづま球場で行われ、残りの試合は横浜スタジアムで進行される。

グループリーグで日本(A組)と別の組に入った韓国(B組)の野球代表は全試合を横浜スタジアムで行う。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기