본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

BTSの手話振り付けに聴覚障害者が涙…WHO事務局長も「ありがとう」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

[写真 BTSプロモーションビデオ]

ボーイズグループの防弾少年団(BTS)が9日に公開した新曲『Permission to Dance』のプロモーションビデオで見せた手話の振り付けが世界の人たちの注目を集めている。聴覚障害者だけでなく、英国のポップスター、エルトン・ジョンや、世界保健機関(WHO)事務局長も手話の振り付けに感謝の言葉を伝えた。

BTSは9日に新曲『Permission to Dance』のプロモーションビデオを公開した。この曲は「ダンスは心のおもむくまま、許しを得ず思う存分に踊ってもいい」という肯定的なメッセージを込めている。

『Permission to Dance』のテーマは共存だ。プロモーションビデオでは多様な肌の色を持つ人たちと、多様な職業、多様な年齢層の人たちが自分とともに踊る。

プロモーションビデオには「楽しい」「踊る」「平和」を意味する国際手話を活用した動作も出てくる。両手を握った状態で親指を立てて上下に振る動作は「楽しい」という意味だ。また、片手の手の平の上にAの字の形を作って動かす動作は「踊る」という意味だ。両手でVの字を作る動作は「平和」を象徴する。

WHOのテドロス事務局長は11日、自身のツイッターに「『Permission to Dance』のプロモーションビデオに手話を活用したBTSに感謝する。手話を通じて15億人の聴覚障害者が生きる活力になる音楽を楽しめるようにした」と称えた。

エルトン・ジョンは同日ツイッターに「すべてがうまくいっていると感じたら私はBTSの『Permission to Dance』を一緒に歌う」と書き込んだ。

聴覚障害を持つユーチューバーのハ・ゲウォルさんは自身のチャンネルにBTSの手話振り付けを見た聴覚障害者の反応を集めて紹介した。

ハ・ゲウォルさんは「国際手話をすることも重要だが、表情を作ることが最も重要だ。BTSが活気に満ちた感じと楽しい表情を本当によく表現した」と評価した。

オンラインコミュニティでは9日にあるBTSファンが「聴覚障害を持っているいとことプロモーションビデオを視聴した。いとこが『わぁ、私に踊れと言っている』と話しながら幸せそうにした。それを聞いて泣いている」と感想を伝えた。海外からもBTSの振り付けを見て感動し涙を流したという感想が続いた。

英国に住むある女性は聴覚障害者らとともにBTSの公演と歌を楽しむため『Permission to Dance』全体を手話で表現したりもした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기