본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

夫の銃で顔半分が吹っ飛んだ…「手術22回」彼女の異色の復しゅう

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

アフガニスタン出身の女性人権活動家シャキラ・ザレーン(Shakila Zareen)さん。[写真 ザレーンさんのインスタグラム キャプチャー]

「私が幸せで強くみえるって? その背後には悲しく暗い物語があります。私はいつもこう言っています。暴力は私をひざまずかせることができなかったと」

アフガニスタンの女性活動家シャキラ・ザレーン(Shakila Zareen)さん(25)は12日(現地時間)、英国BBCとのインタビューで淡々とこのように話した。9年前、ザレーンさんは自分を殺そうとする夫の元を逃れて母親の家に逃げ込んだ。そのようなザレーンさんに夫は銃を向けた。顔を狙った。片方の目と鼻、口、あごが跡形もなく消えた。22回にわたって手術を受けたが、以前の顔には戻れなかった。その後、ザレーンさんの人生は一変した。アフガニスタンの女性のために献身することを誓った。

BBCによると、ザレーンさんは子どものころから女性というだけで虐待に遭った。男兄弟から暴力をふるわれるのは茶飯事だったという。12歳まで学校に通ったが、その後はイチジクやアンズなどを採って売ったり、カーペットを編んだりしながら一家の生計を支えた。アフガン軍隊所属だった父親がタリバンとの銃撃戦で重傷を負った後、収入が大幅に減ったためだった。ザレーンさんは「子どものころは、自分には笑ったことがあるのか思い出せないほど辛い時間だった」と回想した。

16歳になった年、14歳年上の男性と強制的に結婚させられた。夫は結婚直後、ムチを見せながら「お前は女だから当然それを受けなければならない」と言って暴力をふるった。夫の兄弟も暴行に加担した。ザレーンさんが「私たちが何か罪を犯したからこのようなことをするのか」と聞くと、「どこの女が逆らって口答えをするのか」という答えが返ってきた。

警察に助けを求めても状況が変わらないのでザレーンさんは母親の家に逃げたが、数時間後に夫に銃で撃たれた。車で7時間のところにある首都カブールのある病院で手術を受けて奇跡的に一命をとりとめたが、顔の半分は消えた。

メディアを通じて事情が伝えられた後、ザレーンさんはインド政府の援助を受けて3年間で9回の手術を受けた。国連はザレーンさんに難民地位を与えて米国に定着することを要請した。2016年米国政府はこれを条件付きで承認したが、約1年後に取り消しになった。「安保と関連した問題」というのが理由だった。カナダ放送局CBCは「ドナルド・トランプ大統領が就任した後に決定が覆された」と指摘した。

2018年、ザレーンさんは米国の代わりにカナダ行きを選んだ。そして自身の顔をこれ以上隠さないことにした。家庭暴力生存者など女性団体を訪問して演説し、難民人権運動に乗り出した。同じくアフガニスタンの難民出身で、民主機構相になったマリアム・モンセフ氏と会って難民政策について相談したりもした。ザレーンさんは「もし私が自分の権利を守るために声をあげないでいたら、ただ苦痛の中で死んでいっただろう」と話した。

BBCは最近、米国・ドイツ軍隊の相次ぐアフガニスタン撤退で安保・治安が悪化し、女性人権がさらに悪化するおそれがある点に光を当てた。女性人権最悪国の一つにあげられるアフガニスタンは、最近タリバン勢力に各地を掌握された状態だ。BBCは「ザレーンさんが生まれ育ったアフガニスタン北部地域のバグラーンも長くタリバンと政府軍が交戦を繰り広げた地域の一つ」とし「最近数週間で数多くの区域がタリバン勢力の手に移った」と伝えた。

昨年アフガニスタンで起きた女性暴力被害は3500件と集計されたが、女性がすぐに届け出られない社会的雰囲気を考慮すると、実際の数値ははるかに高いものと推定される。CBCは国連報告書を引用して「アフガニスタン女性の87%は形を問わず暴力にさらされている」とし「さらに大きな問題は残忍な行動をした者を処罰する法執行機関がないということ」と指摘した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기