본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国国防部と外交部、駐韓日本大使館の職員招致…新防衛白書に抗議

ⓒ 中央日報日本語版

2021年版の防衛白書

13日に日本防衛省が閣議に報告した2021年版の防衛白書で、独島(トクド、日本名・竹島)領有権を主張したことに対して、韓国外交部と国防部がそれぞれ駐韓日本大使館の総括公使と国防武官を呼んで抗議した。

国防部国際政策次長は13日午前、松本隆・国防武官をソウル龍山区(ヨンサング)の国防部に招致して防衛白書の内容に抗議した。次長は日本側の不当な独島領有権主張と軍事懸案に対する一方的な記述に抗議し、即刻是正するよう求めた。

国防部は「日本が歴史的、地理的、国際法的にわれわれ固有の領土である独島に対して不当な領有権主張を繰り返していることに対して強力に抗議する」とし「独島領有権を損なおうとするいかなる挑発に対しても断固として対応する」とした。

また、国防部は「わが艦艇が日本哨戒機にレーダーを照射したという一方的な主張を繰り返し、2018年大韓民国国際観艦式海上自衛隊不参加の責任を韓国側に転嫁するなど否定的な記述を持続している」とし「深い遺憾を表す」と明らかにした。

韓国外交部は13日午前11時ごろ、相馬弘尚総括公使を招致して日本の独島領有権主張に抗議した。外交部は午後に声明を通じて再度抗議意思を明らかにする予定だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기