본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

中国軍事ユーチューバー「日本に核攻撃も」…中国ネットユーザー賛成の声

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
フォロワーが200万人にのぼる中国の軍事ユーチューバーが、日本が中国の台湾統一を軍事的に妨害すれば核爆弾を使用すべきだと主張した。この動画は2日間で200万ビューを超え、1万件以上の賛成コメントが付いた。

「六軍韜略」というIDの中国ユーチューバーは11日、動画プラットホーム「西瓜視頻」に「台湾統一に日本が軍事的に関与すれば『核打撃日本例外論』を出すべき」と題した5分44秒の映像を載せた。

中国の6大軍種の陸・海・空・ロケット・戦略支援部隊・武装警察部隊を通称するようなIDの「六軍韜略」は自身を「軍事分野の有名創作者」とし「地球村観察、軍事分析、国際情勢評論、戦争歴史解説、英雄賛歌」を扱うと紹介した。昨年11月に開設し、約130件ほどの動画を載せ、各5万件-2000万件のビューを記録しているパワーインフルエンサーだ。

問題の映像は「日本が中国の国内事務に軍事的に関与すれば、大陸の台湾統一を含め、必ず日本に核兵器を使用し、無条件に投降するまで引き続き使用を続けるべきであり、その間、平和談判はない」と主張する。検閲が厳格な中国で「核打撃日本例外論」が削除されない点が注目される。最近、日本の麻生太郎副総理兼財務相ら日本の政界で、台湾軍事介入論など強硬発言が増えていることへの中国当局の対応という解釈も出ている。

映像は「中国は60年前、非核保有国に核兵器を使用しないと誓ったが、日本が台湾防御に協力して中国の統一を防げば、中国は国際的な承諾を違反する理由を持つことになる」とし「日本が台湾防御を放棄するまで核攻撃を終えてはいけない」と強調した。

また、映像は日本人の反中感情を日本の政界の問題とした。「六軍韜略」は「安倍首相が執権し、菅義偉首相が引き継ぎながら極右反中路線の道を進み、新軍国主義が日本に蔓延した」とし「日本の高位層が中国の崛起を恐れて絶えず中国に墨を塗り、日本の一般民衆が高位層の誤った指導と影響を受けて中国に悪い感情を抱く日本人が80%を占めた半面、中国民衆の日本に対する悪い感情は40%にすぎない」と主張した。

続いて「日本はすでに中国に戦争を宣言する国民的な基礎を固めた。現情勢が続けば、日本が甲午戦争(日清戦争)をまた起こす可能性が高い」とし、日本発の戦争の可能性に言及した。

映像は「日本核打撃例外論」と共に領土紛争中の尖閣諸島(中国名・釣魚島)と沖縄まで核攻撃の過程で返還されるべきだと主張した。「中国は日本に限り世界に核兵器を使用しないという誓いの例外とし、日本と世界各国に厳重に警告しなければいけない」とし「日本が台湾統一を含む中国の国内事務に干渉すれば、無条件に投降するまで核兵器を使用する。この時、釣魚島と沖縄を返してもらったり独立させなければいけない」とした。

自称軍事専門家の主張に中国ネットユーザーは圧倒的な賛成で歓呼した。2日間で219万ビューを記録し、1万件以上の賛成一辺倒のコメントが付いた。

関心の順序で最も上に表示されたコメントは「作家の観点を強く支持する」とし、バラの花と賛成の顔文字を入れた。愛国主義に染まった中国ネットユーザーは7600件以上の「いいね」で応えた。

「山里的王先生」というIDのネットユーザーは「核兵器の使用は不可能だ。先に中国の領土を核兵器で攻撃しなければ、中国は決して先に核兵器を使用することはできない。通常兵器は使用できる」と反論したが、「いいね」は1800件ほどにすぎなかった。

「日本核打撃例外論」主張を米国のラジオ・フリー・アジア(RFA)が12日、中国では遮断されたフェイスブックに載せたところ、今度は正反対のコメントが続いた。13日午前まで書き込まれた360件ほどのコメントには「核兵器を一度でも使用する日が中国の終末」「日本も核武装をすることができる」など中国を非難する内容が大半だった。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기