본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

加藤官房長官、韓日首脳会談の協議内容流出論争に「日本政府は招待の主体ではない」

ⓒ 中央日報日本語版

加藤勝信官房長官

韓国政府が韓日首脳会談の協議内容を日本政府側がメディアに流出させたとして遺憾を表したことに対し、加藤勝信官房長官は日本政府が招待の主体ではないと話した。

12日の定例記者会見で、韓国政府が韓日間協議の内容がメディアに流出していることに関連して遺憾を表明したことに対してコメントを求められた加藤官房長官は「報道の一つひとつにコメントするのは差し控えたい」とし「東京オリンピック(五輪)開会式の外国要人出席は、日本政府が招待の主体ではない」と述べた。

続けて、セキュリティ上、要人の招待事実を公表することにはさまざまな問題があるため明らかにしないと述べた。また、加藤官房長官は五輪に合わせて韓日首脳会談が開催されるかどうかについても、仮定の質問だとして答えなかった。そのうえで「〔文在寅(ムン・ジェイン)〕大統領が訪日する場合、外交上丁寧に対応するのは当然というのが(日本)政府の認識で、そのような認識に変わるところがない」と明らかにした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기