본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

香港俳優ジャッキー・チェン「中国共産党は偉大、私も入党したい」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

俳優ジャッキー・チェンが

有名アクション映画俳優のジャッキー・チェンが中国共産党に入党の意思を明らかにしたと中国国営グローバルタイムズが11日に伝えた。ジャッキー・チェンは香港生まれだが自身を自ら「五星紅旗(中国国旗)の守護者」と呼ぶなど代表的親中派俳優だ。

報道によると、中国映画協会副会長でもあるジャッキー・チェンは1日に中国共産党100周年を迎えて開かれた映画関係者のシンポジウムでこのように話した。

この日ジャッキー・チェンは「共産党はわずか数十年以内に約束したことを成し遂げるだろう。共産党の偉大さが見える。私もまた共産党員になりたい」と話した。ジャッキー・チェンが共産党入党計画を具体的に明らかにしたものではないが入党の意向を示したのは今回が初めてだ。

グローバルタイムズは、ジャッキー・チェンがシンポジウム会場で中国人として感じる自負心を強調したと報道した。

これに対し天津南開大学の李暁兵教授は「ジャッキー・チェンの発言は最近の香港エリートの中国共産党に対する考えが変わったことを見せるもの。最近の香港・マカオ・台湾地域の開発計画発表、新型コロナウイルス大流行対処、共産党100周年記念行事などは香港市民に共産党がどのような役割を新たにしているのか見せてくれた」と評した。

ジャッキー・チェンは昨年5月の香港国家安全法支持宣言にも参加した代表的親中派俳優だ。当時ジャッキー・チェンは香港の文化芸術界関係者2605人とともに「国家安保守護が香港に重要だということを十分に理解する。全国人民代表大会(全人大)の香港国家安全法決定を支持する」と明らかにした。

彼は2019年8月には香港デモと関連した中国中央テレビとのインタビューで「デモ状況は心が痛く心配だ」としながらも「私は五星紅旗の守護者だ。1人の香港人であり中国人として基本的な愛国心を表わしたい」と話した。

現在ジャッキー・チェンは共産党創設100周年記念劇である「エピック・ジャーニー」にも参加している。日中戦争を取り上げたこの演劇に対しジャッキー・チェンは「抗日戦線で共産党主導により侵略軍に相対して戦った八路軍(国民革命軍第8路軍、日中戦争当時の中国共産党の主力部隊のひとつ)の不屈の精神と軍人の勇猛さに深い印象を受けた」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기