본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓経:韓国・オランダ首脳「半導体協力」議論

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が7日、オランダのマルク・ルッテ首相とテレビ会議で首脳会談を行う。半導体分野の協力が重点事案として議論されると発表された。

6日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)によると、文大統領とルッテ首相間首脳会談では第4次産業革命に関連した両国間協力関係の強化が主な議題として扱われる。パク・ギョンミ青瓦台報道官は、「最近、半導体、新再生可能エネルギーなど未来産業分野でオランダとの協力の必要性が増大している」と伝えた。

パク報道官は「オランダは欧州諸国の中で韓国2位の貿易国であり、極端紫外線(EUV)露光装置など半導体装備生産強国」とし「韓国の半導体製造の強みを結び付けて安定したサプライチェーンの構築など相互補完的な協力の可能性が大きい」と評価した。オランダの半導体装備会社ASMLは、サムスン電子にEUV露光装置を独占供給している。

今回の首脳会談は今年韓・オランダ修交60周年を迎え、オランダ側が先に提案して実現した。これに先立って、文大統領は2018年2月平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)開会式の参加のために訪韓したルッテ首相と首脳会談を行ったことがある。

青瓦台は韓国政府が23日開会する東京五輪を機に文大統領の訪日の意向を日本側に伝えたとした産経新聞の報道を否認した。青瓦台関係者は「日本メディアの推測性報道」として「決まったのは何もない」と伝えた。加藤官房長官もこの日、定例記者会見で「文大統領が訪日するという通報があるわけではない」と報道を否認した。

現在まで東京五輪の開会式に参加の意向を明らかにした外国首脳は2024年パリ五輪開催国であるフランスのエマニュエル・マクロン大統領だけであることが分かった。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기