본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

マスク外して数日後…「接種率60%」イスラエルでも集団感染

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

4月17日午後、イスラエル・エルサレム公園で家族が散歩をしているうちに取材陣を発見して手を振りながら挨拶している。イスラエル・エルサレム=イム・ヒョンドン記者

50.36%。2月21日にイスラエルが段階的に封鎖解除を始めた当時の新型コロナワクチン1回目接種率だ。現在、イスラエルの1回目接種率は63.5%、2回目接種率は59.5%と世界トップ圏にある。

しかしそのイスラエルでも新型コロナ感染再拡大の警告が出ている。最近、一部の学校で相次いで集団感染が発生したからだ。まだワクチンを接種していない数十人の生徒が感染し、防疫当局が緊張している。

一部の生徒はデルタ(インド発)変異株に感染したとみられ、当局はすべての室内でのマスク再着用を考慮しているという現地メディアの報道もあった。イスラエルは15日に室内マスク義務着用指針を解除したが、わずか数日後にこれを撤回する方針が検討されている。

韓国は7月1日から社会的距離を緩和する予定だ。21日基準で1回目接種率が29.2%、2回目接種率が7.9%にすぎず、時期尚早という声が出てくる。全世界に伝播力が強いデルタ株が急速に広がり、その余波で英国・イスラエルなど「ワクチン先導国」も防疫緩和をためらう状況が生じているからだ。

19日(現地時間)のタイムズオブイスラエル、エルサレムポストなど現地メディアによると、18日にモディーンの学校で約10人の感染が確認されたのに続き、19日にはビンヤミナの学校2校で計40人余りの集団感染があった。これら学校にはまた室内外でのマスク着用指針が出された。

エルサレムポストは、当局は感染した生徒を対象に遺伝子塩基配列を分析し、予備調査の結果、デルタ変異株に感染したことが分かった、と報じた。デルタ変異株はアルファ(英国発)変異株に比べ伝播力が60%ほど強い。

イスラエルは6日から12-15歳を対象に接種に入った。しかしまだ接種率は低い。金宇柱(キム・ウジュ)高麗大九老(クロ)病院感染内科教授は「ワクチン接種が進行していない年齢帯、一種の『免疫死角地帯』で感染が発生しているとみられる」と分析した。

これとは別に17日、イスラエルの都市ベトシェアンで開かれた行事場所でも数人の感染者が発生した。こうした状況を受け、1けたまで減少していたイスラエルの新規感染者数は最近2けたに増えている。

イスラエル当局も学校と空港、さらに室内のすべての場所でのマスク再着用を考慮していると、タイムズ・オブ・イスラエルは伝えた。イスラエルは4月に室外でマスクを外したのに続き、15日からは室内マスク義務着用指針も解除した。

当初21日にすべての防疫規制を解除することにした英国も日程を遅らせている。デルタ変異株の影響で17日から3日連続で一日の新規感染者数が1万人台に増えた。最近の新規感染者の90%以上がデルタ変異株に感染しているという。

このため英国では、完全な封鎖解除は成人の70%が2回目のワクチン接種まで終えた後に延ばすべきだという意見も出ている。これに先立ち、2回目のワクチン接種後、デルタ変異株に60-88%の予防効果があるという研究結果が出ている。英国の場合、現在、成人の81.6%が1回目の接種をしているが、2回目の接種率は59.5%。

ザ・タイムズによると、英イングランド公衆衛生局(PHE)のスーザン・ホプキンス戦略対応責任者は「7月19日と予告された新型コロナ封鎖終了日がまた延期されないためには、成人のワクチン接種率を70%に引き上げるべき」と述べた。

専門家はデルタ変異株拡大予防のために最大限のペースで2回目の接種率を高める一方、防疫緩和は慎重に進めるべきだと助言している。

金宇柱教授は「2回目の接種率が低い状況で防疫措置が緩和されれば、2カ月後に感染者が急増している状況を迎えるかもしれない」と憂慮し、「2回目の接種のペースを速めることに集中し、距離の緩和は慎重に扱う必要がある」と強調した。

中央災難安全対策本部は20日、新しい社会的距離改編案を発表した。これによると、7月1日から首都圏では私的な集まりを6人までとし、非首都圏では人員制限をなくす。食堂・カフェ・遊興施設は0時まで営業でき、室内体育施設は運営時間が制限されない。また、学校では2学期から一日平均感染者が全国基準で1000人を超えなければ毎日の登校が可能になる。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기