본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「成人の80%接種」英国、一日感染者1万人…変異ウイルス「デルタ株」の拡大で赤信号

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

新型コロナウイルス

社会的距離の確保(ソーシャルディスタンス)の改編案と野外でのマスクなしなどワクチン接種による恩恵が翌月から施行される予定である中、ワクチン接種の先頭国と呼ばれる英国で変異ウイルス「デルタ株」(インド型)の拡大で懸念の声が高まっている。

英国オックスフォード大学の統計サイト「アワー・ワールド・イン・データ」によると、18日(現地時間)英国で1万287人が新型コロナの陽性判定を受けた。

新規感染者の規模が4カ月前の水準に戻った。成人人口の80%程度が少なくとも1回のワクチンを打ち、2回目の接種まで終えた人々が60%に達するにもかかわらず、感染者が続出するのは感染力がアルファ㈱(英国型)より60%強いデルタ株が拡大した影響が大きいためだと外信は分析する。ガーディアン紙によると、最近、英国新規感染者の99%はデルタ株による感染者だ。ガーディアン紙は「2次流行を触発した昨年秋とは全く違う」として「若年層の感染が桁外れに増加している」と伝えた。

韓国で12日まで確認された変異株による感染者は1964人で、アルファ㈱による感染者(1663人)の次にデルタ株による感染者(155人)が多い。遺伝子分析件数に比べて変異ウイルスが検出される検出率は30%台水準だ。

高麗(コリョ)大学九老(クロ)病院感染内科のキム・ウジュ教授は「変異株と接種のレースで変異株がリードすれば、デッドクロスのように感染者が再び増加する恐れがある」とし、「1回目のワクチン接種だけでも重症、死亡危険が顕著に減少するのが事実だが、変異株を予防することが難しいため、2回目の接種を早急に完了する必要がある」と強調した。

防疫緩和措置に慎重を期すべきだという意見もある。大韓感染学会のペク・ギョンラン理事長は、フェイスブックに「防疫緩和より2回目の接種率増加に集中しなければならない」と書いた。

嘉泉(カチョン)大学医大予防医学教室のチョン・ジェフン教授も「高危険群の接種が完了するまで距離の確保の改編など緩和措置を数週間先送りすることを検討してほしい」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기