본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

戦闘機のエンジンから煙、パイロットが非常脱出…原因は鳥=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国KF-16戦闘機の機体異常でパイロットが非常脱出した事故は「鳥」が原因だったと、空軍が11日明らかにした。

空軍は「事故の原因を調査した結果、航空機が離陸のための地上滑走中、吸気口に鳥類が入り、エンジンが損傷したことが確認された」と明らかにした。

続いて「パイロットを対象に非正常状況発生時の措置を強調し、航空機予防点検を施行し、事故で中断したKF-16の飛行を14日から段階的に再開する予定」と伝えた。

8日午後2時21分ごろ、忠清南道瑞山(ソサン)空軍第20戦闘飛行団所属のKF-16戦闘機が離陸滑走中、機体に異常が発生した。機体後部にあるエンジンから炎と煙が出た後、パイロットは無事に非常脱出した。空軍は事故直後、飛行事故対策本部を構成し、正確な原因を調査していた。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기