본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

2032オリンピックの南北共同開催が反故に…豪ブリスベンが単独候補

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

国際オリンピック委員会

オーストラリア・ブリスベンが2032年夏季オリンピック(五輪)の開催地として単独立候補した。国際オリンピック委員会(IOC)執行委員会を通過し、総会の承認だをけ残した状態だ。同年に五輪を誘致して南北共同開催の形態で開催しようとしていた韓国政府の構想は水の泡になった。

IOCは11日、執行委員会を開いて2032年五輪開催地としてオーストラリア・ブリスベンを全会一致で選択した。総会は、東京五輪の開幕2日前である7月21日に開かれるが、ここで全世界のIOC加盟国の承認を得て最終確定する。

IOCは2月ブリスベンを優先交渉地に選定した。ソウル-平壌(ピョンヤン)(大韓民国・北朝鮮)、ドーハ(カタール)、ブダペスト(ハンガリー)、ライン-ルール(ドイツ)、成都-重慶(中国)、ジャカルタ(インドネシア)、ニューデリー(インド)、イスタンブール(トルコ)、サンクトペテルブルク(ロシア)などの多数の競争都市を抜いた。唯一IOCとの交渉第1段階「持続対話」段階を通過したブリスベンは第2段階「集中対話」の段階に入り、その間競技場の施設と大会運営に対する実態調査を受け入れた。

ブリスベンが2032年五輪の開催地として最終的に選ばれる場合、オーストラリアは1956年(メルボルン)、2000年(シドニー)に続き五輪を2回開催する国になる。

今回の決定に対して、トーマス・バッハIOC会長は「国民的な支持と政府次元の支援があった。ブリスベンが11年後五輪を開催する正当性をきちんと見せてくれた」と満足感を表わした。

韓国政府は2032年五輪を韓国と北朝鮮共同で開催して韓半島(朝鮮半島)平和の雰囲気作りに先頭に立つという計画だったが、北朝鮮の非協力によって実現することができなかった。北朝鮮は韓国政府の五輪共同開催の提案に具体的な交渉と協議を一切中止した。

最近、東京五輪のボイコットを宣言し、カタール・ワールドカップ(W杯)・アジア2次予選で途中で棄権するなど、世界的なスポーツイベントに誠意がない態度で一貫したのも開催地選定競争の過程で不利に働いたという評価だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기