본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国空軍、KF-16離陸事故で全飛行団の飛行中止

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

[韓国空軍ホームページ キャプチャー]

韓国空軍第20戦闘飛行団所属のKF-16戦闘機が離陸前の機体異常により操縦士が非常脱出する事件が発生した。空軍はこの日の事故で非常待機戦力を除いた戦闘機運営全部隊の飛行を中止することにした。

空軍が8日に明らかにしたところによると、この日午後2時31分ごろ忠清南道瑞山(チュンチョンナムド・ソサン)にある第20飛行団所属のKF-16戦闘機が離陸するため地上を滑走中に機体異常が発生した。

軍関係者は当時機体後部にあるエンジンで火炎・煙が発生したとし、操縦士は非常脱出して無事だと説明した。

空軍は「操縦士は無事で事故機は部隊内の滑走路の間にいる。空軍参謀次長を本部長とする飛行事故対策本部を構成し正確な原因を調査する予定」と話した。

一方、事故が起きた戦闘機は最近セクハラ被害副士官死亡事件が発生し国防部検察団の捜査を受けている空軍第20飛行団の所属だ。


関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기