본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国サッカー英雄の命を奪ったすい臓がんステージ4、生存率1.9%…20年間ほぼ変わらず(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

国立がんセンターのハン・ソンシク肝・胆道・すい臓がんセンター長

ハン・ソンシク・センター長にすい臓がんの原因と対策を尋ねた。

--すい臓がんはなぜこのように厳しいのか。

「患者発生率が持続的に高まっているが、まだこれという早期診断プログラムがない。初期にがんの進行速度が速い。判定を受けた際、がん細胞が広がったステージ3以上が80%にのぼる。ステージ3、4では手術ができない。手術することが治療において非常に重要だが、そのようにできる患者は20%にすぎない」

--抗がん剤治療をすれば良いのでは。

「効果的な薬物が特にない。他のがんと異なる点だ。免疫療法のような革新的な薬がほとんど出ていない」

--最近は治療成績が良くなっているが。

「最近5年間は成績が少し良くなった。抗がん剤を使ってがんの大きさを減らした後、手術ができる患者が少しずつ増えている」

--早期に発見する方法はないのか。

「特異な早期症状があまりない。腹痛があるが、腹痛の原因は数え切れないほど多いため、すい臓がんを疑って検査するのが難しい。体重減少、黄疸などが主な症状だが、こうしたものが表れれば70-80%はすでにかなり進行した状態だ」

--健康診断では分からないのか。

「偶然に発見できるだけだ。腹部CT(コンピューター断層撮影)を活用すればすい臓全体を見ることができ、がんを確認できる。しかし健康診断のプログラムに含まれていない。代わりに腹部の超音波検査があるが、これはすい臓の一部だけ見ることができる」

--腹部CTを健康診断の項目に含めればよいのでは。

「それですい臓がんを見つけ出す比率はあまりにも低い。費用に対して効果が落ちる。CTによる放射線露出の懸念もある。高危険群だけが撮影すればよいが、どの人を高危険群に決めるかは容易でない」

--すい臓がんの原因は。

「肝炎ウイルスが肝臓がんを誘発するのは明らかだ。すい臓がんはこのように特に挙げられる原因がない。ただ、喫煙が危険因子である点は明らかだ。糖尿、慢性すい炎、高カロリー・高脂肪食習慣も危険因子だ。肥満なら危険度が上がる。

--予防するには。

「ありふれた注文かもしれないが、禁煙、健康食、バランスが取れた食事、規則的な運動が重要だ。国立がんセンターは最近5年間のすい臓がん治療成績がやや上がったが、まだ満足できるほどのレベルではないとみている。がん細胞がすい臓に限定されている場合は生存率の向上が目立つ。抗がん治療、放射線治療が発展し、手術できる患者が増えている。すい臓がん診断後に治療を受けなかった患者は、手術や抗がん化学治療や放射線治療を受けた患者より5年生存率が顕著に低いという。最近は手術を受けた患者の生存率向上が目立っているため、治療をあきらめない積極的な姿勢が重要だ」
韓国サッカー英雄の命を奪ったすい臓がんステージ4、生存率1.9%…20年間ほぼ変わらず(1)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기