본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

BTS、ビルボード・ミュージック・アワードで4冠…「新鮮なエネルギーを分かち合った」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

BTS

BTS(防弾少年団)がビルボード・ミュージック・アワードの4冠に上った。23日(現地時間)、米国ロサンゼルスのマイクロソフト・シアターで開かれたビルボード・ミュージック・アワードで「トップ・セールス・ソング(Top Selling Song)」「トップ・ソング・セールス・アーティスト(Top Song Sales Artist)」「トップ・デュオ/グループ(Top Duo/Group)」「トップ・ソーシャル・アーティスト(Top Social Artist)」など4部門にノミネートされたBTSは、該当部門で全部トロフィーを獲得して過去最多の受賞記録を更新した。

BTSは、昨年8月に発表した1枚目の英語シングル『Dynamiteト』で初めて挑戦した「トップ・セールス・ソング」部門で受賞に成功した。映像で参加したBTSは「『Dynamite』で新鮮なエネルギーを分かち合いたかったが、この賞が私たちがあの目標を達成したことを証明しているようだ」と感想を明らかにした。BTSは、メーガン・ザ・スタリオンの『Savage』、ザ・ウィークエンドの『Blinding Lights』、カーディ・Bとメーガン・ザ・スタリオンの『WAP』、チャーリー・プースとガビー・バレットの『I Hope』などとともに該当部門で競争した。

他の部門は本授賞式に先立ち、インスタグラムのライブ放送を通じて事前に発表された。2017年初めて「トップ・ソーシャル・アーティスト」に上ったBTSは5年連続で受賞した。今年はBLACKPINK(ブラックピンク)やSEVENTEEN(セブンティーン)、フィリピンのボーイズグループSB19、米国ポップスターのアリアナ・グランデとともにノミネートされてK-POPの強勢を実感させた。BTSは「5年連続でトップ・ソーシャル・アーティストだなんて、このような信じられないタイトルを与えて下さってARMYとビルボード・ミュージック・アワードに感謝する」と感想を明らかにした。

今年初めてノミネートされた「トップ・ソング・セールス・アーティスト」部門でもジャスティン・ビーバー、メーガン・ザ・スタリオン、モーガン・ウォレン、ザ・ウィークエンドを抜いて受賞した。BTSは昨年8月に発表した初めての英語シングル『Dynamite』で独歩的な音源販売量を記録した。「トップデュオ/グループ」部門は2019年以降2年ぶりにトロフィーを手に入れた。今年はロックバンドのAC/DCやインディー・ポップ・トリオのAJR、カントリーデュオのダン+シェイ、ポップバンドのマールン5などと競争した。

この日、授賞式で初めて公開される新曲『Butter』の舞台も期待を高めている。21日に発表されたBTSの2枚目の英語シングル『Butter』は、公開24時間でユーチューブの再生回数1億820万回を記録するなど、新記録行進を続けている。全世界101カ国および地域のiTunes「トップソング」チャートで1位に上ったことに続き、Spotifyでも一日最多の再生回数(2090万回)を記録した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기