본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

中国国営メディア、韓米首脳会談前に「韓国は自国のために耐えるべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
「米国が韓国を助米抗中(=米国を助けて中国に対抗する)に引き込むため強・穏両面策を使うが、韓国は自らのために耐え抜かなければいけない」。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領とバイデン米大統領の韓米首脳会談に先立ち、中国国営メディアがこのように主張しながら警告した。

環球時報は21日の「社評」で、米国のボイス・オブ・アメリカ(VOA)が韓米首脳会談の共同声明で台湾問題が取り上げられる可能性を提起したことに敏感に反応した。先月は日米首脳会談の共同声明で「台湾海峡の平和と安定」を明記、1969年以降初めて日米の声明で台湾に言及し、中国が強く反発した。

環球時報は「米国が韓国を反中国統一戦線に引き込もうと急いでいるのが分かる」としながらも「文在寅政権は米国の脅威を防ぐことができると信じる」と主張した。続いて「(台湾への言及は)韓国の国益に合わず、韓国が米国の脅迫で毒薬を飲むのと変わらない」と指摘した。さらに韓国は米国に安全保障を頼っているが、中国は韓国の最大貿易パートナーであり朝鮮半島問題解決の主要行為者だとし、両国の関係を強調した。

今回の首脳会談については「韓国外交の独立自主性に対する新たな試験」とし「両国の共同声明がどのように出るかが、韓国が米国の圧力下で原則のマジノ線を守れるかどうかの試金石になるだろう」と伝えた。

環球時報は、今回の韓米首脳会談の主要議題は朝鮮半島問題だが、米国は中国との「大国ゲーム」に目を向けている、と警戒した。「米国はすでに自国の利益に合わせて朝鮮半島政策を作り、韓国の利益に対する考慮は周辺化されている」とし「米国が韓国に強・穏両面策を使って韓国のための戦略的な罠を特別制作した」と主張した。

続いて「韓国が比較的速く発展できたのは、米中関係を穏健に処理したのと一定の関係がある」としながらも「韓国の利益は創造的に超強大国の米国と相互作用し、どのように韓米関係で発言権を拡大できるかにある。米国のために利用されることにあるのではない」と強調した。

別の中国メディアも韓国が米国の「中国牽制」に加わることを懸念している。

観察者網は「韓国は米国の対中国圧力要求に耐えられるのか」と題した記事で、「文大統領はワシントンで中国問題で困難に直面するだろう」と主張した。また米国が韓国に対して「対中牽制」性格のクアッド(日米豪印)加入を要求する可能性があるという見方を示した。

しかし「韓国は米国と中国をともに満足させることを望む」という表現で米国の要求を受け入れない可能性が高いと、同紙は予想した。

国営新華社通信は米国の「対中国圧力参加要求」への韓国側の対応を会談の核心に挙げた。そして「韓国は大国競争でどちらか一方を選択せず、米国から圧力を受けている」とし「文大統領が米国の圧力にどう対応するかが今回の訪米の重要な観戦ポイント」と述べた。

澎湃新聞は、ワクチンと半導体分野での協力が文大統領の訪米の成敗を判断する基準になるとし、北朝鮮問題では大きな進展がないだろうと予想した。

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기