본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国開発研、今年の成長率予測値3.8%に上方修正

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国開発研究院(KDI)が今年の経済成長率を3.8%と予想した。昨年11月に提示した予測値(3.1%)を0.7%引き上げた。輸出景気が予想より早く回復しているという理由だ。

KDIは13日、今年の経済見通し報告書を発表した。KDIは今年の輸出額が前年比で18.1%増加し、経済成長を牽引するという見方を示した。来年の成長率予測値は3%と提示した。

国策研究機関のKDIは経済見通しで政府と微妙な差を表した。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日の就任4周年演説で「4%以上の成長率を達成できるよう政府の力量を総動員し、民間の活力を高める」と述べた。洪楠基(ホン・ナムギ)首相職務代行兼経済副首相も「4%以上の成長を達成できるよう後続措置を迅速に推進する」と歩調を合わせた。民間研究所の中では韓国金融研究院が今年の成長率予測値を4.1%、ウリィ金融グループのウリィ金融経営研究所は4.3%と提示している。

KDIのチョン・ギュチョル経済展望室長は「(今年の成長率として)最も可能性が高い数字が3.8%」とし「政府の予測値は政策意志が強く反映されているため1対1で比較するのは難しい」と述べた。KDIは今年の4%成長達成可否は新型コロナワクチンの普及ペースにかかっていると説明した。チョン室長は「ワクチン接種ペースがもう少し速ければ3.8%より高い数字も可能だ。ワクチン普及に支障が生じれば(景気)回復ももう少し遅れるだろう」と話した。

KDIは今年の民間消費増加率を2.5%と予想した。今年の就業者数はサービス業の不振などで前年比19万人増にとどまるという見方を示した。昨年の就業者数が2019年比で22万人減少したことを考慮すると、雇用の回復は遅いということだ。

KDIは財政赤字の急増に懸念を表した。報告書は「中長期的には、急増した財政赤字を縮小し、国家債務の増加傾向を統制する計画を出す必要がある」とし「(新型コロナ事態に)追加の財政対応が必要であっても、一時的で可逆的な支出に限定しなければいけない」と指摘した。構造的で長期的な財政支出が必要な場合、これに相応の財政収入確保手段も同時に用意すべきだと強調した。KDIは今年の消費者物価上昇率を1.7%と予測した。昨年11月に提示した予測値(0.7%)より1ポイント高めた。ただ、韓国銀行(韓銀)の物価安定目標(2%)は下回る水準だ。韓銀は昨年5月に政策金利を過去最低の0.5%まで引き下げて以降、1年間据え置いている。KDIのチョ・ドクサン展望総括は「現時点で(利上げなどで)通貨政策基調を調整する必要は高くない」と述べた。

KDIの物価上昇率予測値は今年の国際原油価格が1バレルあたり平均60ドル前後を維持することを前提にしている。チョン室長は「原油価格がさらに上がれば、物価上昇率が予想よりも高まる可能性がある」と話した。続いて「(グローバル)経済の回復で原油価格が上がれば(韓国の)経済成長率を高める状況になる。他の供給要因などが(原油価格上昇に)反映されれば、韓国経済にプラスと見るのは難しいだろう」と説明した。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기