본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

モデルナの韓国委託生産の可能性高まる…サムスン、肯定も否定もせず(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が昨年12月28日午後、青瓦台(チョンワデ、大統領府)与民館(執務室)映像会議室でモデルナのステファン・バンセル最高経営責任者(CEO)とビデオ会議を通じて話をしている。[写真 青瓦台]

米国製薬会社のモデルナが韓国で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチンを委託生産(CMO)する可能性が徐々に高まっている。13日、複数の製薬業界関係者は「モデルナがこれまでmRNA(メッセンジャーリボ核酸)ワクチンの海外生産先を物色してきたが、そのパートナーとして韓国のバイオ企業との交渉が終盤を迎えていると承知している」とし、その交渉先をサムスンバイオロジクスとみている。2社は来週の韓米首脳会談に合わせて契約を締結する可能性もある。

◆韓国進出巡航中のモデルナ

モデルナの韓国進出の動きは着々と進んでいる。韓国支社を設立するために先月30日、総括マネジャー(GM・General Manager)の採用広告を出した。品目許可にも余念がない。9日、食品医薬品安全処検証諮問団の審査を通過したことに続き、13日には中央薬事審議委員会を通過した。今月21日に最終点検委員会を通過すれば許可が完了する。この会議は形式的過程であるため、ほぼ国内許可が出たも同然だ。モデルナは3月にGC緑十字を国内流通会社として選定し、許認可の代行まで任せたことがある。

◆ファイザーの時とは違ったサムスンバイオロジクス

モデルナワクチンを委託生産できるのはGC緑十字・ハンミ薬品・サムスンバイオロジクスなどだ。緑十字とハンミ薬品側は13日、委託生産交渉を否定した。GC緑十字関係者は「流通だけを担当している」と話した。ハンミ薬品も「交渉に関連し、公開できる新しい内容はない」として否定した。政府核心関係者は「モデルナがGC緑十字・ハンミ薬品に打診したが、なかったものとして結論を出したと承知している」と話した。

サムスンバイオロジクスは13日、モデルナの委託生産関連の話が出回ると「確認することはできない」と明らかにした。同社は12日、あるメディアが「サムスンバイオロジクスがファイザーワクチンを委託生産するだろう」と報道すると「事実ではない」とすぐに公示を出した。モデルナに関連してはイエスともノーとも言っていないように見えるが、市場では認めたものとして受け入れている。交渉中なので公開することができないだけだとみられる。
モデルナの韓国委託生産の可能性高まる…サムスン、肯定も否定もせず(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기