본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

孫正義「日本は決定的にAI革命で遅れをとってしまった」

ⓒ 中央日報日本語版

孫正義会長

ソフトバンクグループの孫正義会長が、「日本は決定的に人工知能(AI)革命から遅れをとってしまっているというのは事実」と話した。

13日の日本メディアによると孫会長は前日に開かれた記者会見で、日本が新型コロナウイルスのPCR検査結果をファクスで伝えて議論になったことなどを取り上げ、「恥ずかしくて話にならない」と話した。

孫会長はNTTが総務省の高位官僚を繰り返し接待した問題も批判した。彼は「監督官庁の方々と癒着のような会食は当然いけないことだと思う。我々はしておりません。もっと大きな問題は、年間数千万円もの報酬を払って、天下りを監督官庁から受け入れること」と指摘した。

ソフトバンクグループが投資したクーパンが米ニューヨーク証券市場に上場して評価利益が急増し2020年度にソフトバンクグループが過去最大の業績を収めた中で、孫会長はさらに大きな規模で投資と事業を展開すると抱負を明らかにしたりもした。

彼は「ソフトバンクグループにとっては1兆、2兆の赤字黒字はニューノーマル、あまり驚かない方がいい」とし、今後の成長戦略に関し「金の卵の製造業になる。5兆円や6兆円で満足する男ではない。10兆円でも全然満足はしない。昨年を大幅に上回る数の上場があると予想している」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기