본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「中国軍事科学者、コロナ発生5年前にウイルス武器化を警告」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

新型コロナウイルス

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)発生5年前の2015年、中国軍事科学者らが重症急性呼吸器症候群(SARS)ウイルスの武器化を扱った報告書を作成していたとオーストラリアメディアが報じた。中国メディア「環球時報」などは該当の報道に対して「汚らしいデマ」としながら反発した。

豪紙「オーストラリアン」は8日付の週末版1面に掲載したトップ記事「中国ファイルの中のウイルス戦争」で、「中国の軍事科学者らが、世界大戦におけるバイオ武器の使用について警告していた」と明らかにした。該当の報告書は中国人民解放軍の科学者や衛生当局者が2015年に作成したもので、昨年新型コロナの発生源を調査する過程で米国務省が確保したと同紙は報じた。

同紙は「該当の報告書はSARSコロナウイルスが『遺伝子武器の新しい時代』を切り開いた」とし「人工操作で登場した人間病気ウイルスが武器化され、過去には目にすることのできなかったやり式で散布されうると描写した」と伝えた。

中国語で作成された「SARSの非自然的起源と遺伝子バイオ武器としての人造ウイルスの新しい種」と題された263ページ分の報告書は、バイオ武器研究分野で中国の成果を概括している。

該当報告書の著者は合計18人で、中国防疫機関の李峰副主任のほか、陝西省西安空軍軍医大学の科学者や武器専門家10人が含まれている。「第四医大」として知られている西安軍医大学は、国防研究分野で頭角を現わし、医学や心理学分野まで研究範囲としている。報告書の編集長である徐徳忠氏は西安軍医大学の軍事伝染病学科の教授兼博士指導教授だ。

報告書はまた「他の科学領域の発展により、生物学的媒介体の伝播でも長足の進歩を遂げた」としながら「例えば新たに発見された微生物を冷凍乾燥する能力は、それを攻撃する過程で生物学的媒介体として保存し、エアロゾルとして噴射できるようにした」と明らかにした。

該当の報告書の内容は英文出版社ハーパーコリンズでまもなく出版される『What Really Happened In Wuhan(武漢で本当に起きていたこと)』に掲載される予定だ。

報告書はまた、2003年SARSを誘発したウイルスは「テロリスト」が中国に意図的に散布した人工バイオ武器だと主張した。報告書は引き続き、元米空軍大佐のMichael J. Ainscough氏の言葉を引用して「第1次世界大戦が化学戦、第2次大戦が核戦争なら、第3次世界大戦は明らかにバイオ戦争」としながら「第3次大戦で勝利を収める核心武器はバイオ武器になる」と付け加えた。

該当の報道が出ると、環球時報の胡錫進編集長は8日、ツイッターに英語で「米国はいつも汚らしいデマをオーストラリア人の口に入れる。オーストラリアメディアはそれを喜んで味わう」とし、報道内容を低く評価した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기