본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

東京都医師会会長「一日新規感染者が100人ぐらいで収まる状況を作り出さなければ、五輪は難しいだろう」

ⓒ 中央日報日本語版
東京都医師会の尾崎治夫会長は3日、テレビ朝日系『羽鳥慎一モーニングショー』のインタビューで「もしオリンピック(五輪)中に今のような感染状況、例えばステージ3、4になっている場合は、確保した病院、恐らく都立病院とか大学病院を中心になると思うが、そこは国内の患者さんで埋まっている状態であれば、いくらその時に五輪の選手が感染したから空けますよっていっても、そういうことが果たして都民、国民の方に理解されるのかっていうのがある」と伝えた。

また「東京地域の一日新規感染者がステージ2とか感染が100人ぐらいで収まる状況を作り出していただかない限りは、私は五輪は難しいし、今の状態であればスタッフのこととか考えれば、無観客開催が可能かどうかをしっかりデータを出して、提示していただくそういう時期だと思う」と強調した。

尾崎会長は「選手だけでなく一般のコロナ患者やひどい熱中症患者が出ると医療スタッフはかなり必要になる。現実的には今の感染状況が改善されないのであれば、五輪開催は無観客か場合によっては中止」と明らかにした。

同時に、「もちろん、後援企業や五輪だけを待ち望んできたアスリートたちのためにも五輪が開催された方が良いが、それでも無理に開催してはならない」とし、「この機会にぜひ、感染を抑えようというムーブメントをスポンサーが一緒になって国民、都民に呼びかけてやっていただけないかと思っている」と明らかにした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기