본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「米国は集団免疫を達成できないかもしれない」専門家の暗鬱な見通しの訳は

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
集団免疫。各国が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチン接種に総力を挙げる目標であり理由だ。米国は集団免疫に向かって先頭に立つ国家のうちの一つだ。しかしニューヨーク・タイムズ(NYT)は3日、「米国が集団免疫を達成できないかもしれない」という専門家の見解を集中的に報じた。

米国は成人の半分以上が少なくとも1回以上ワクチンを接種した。しかし科学者と公衆保険専門家の間では集団免疫の基準点を越えることは少なくとも近い未来には、もしかしたら永遠に達成することができないという広範囲な意見一致があると紹介した。

◆集団免疫を邪魔する2つの障壁:変異株と接種拒否

このような否定的な展望が登場したのは、伝染性が強い変異株ウイルスの登場と一部米国人のワクチン拒否感のためだ。

進化生物学者である米エモリー大学のラストム・アンティア(Rustom Antia)教授は「このウイルスはなくなりそうにない」としながら「しかしわれわれはこれを軽い感染程度に抑制するために、できるすべてのことをしなければならない」と話した。

米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長を含む専門家は人口の60~70%を集団免疫の基準として提示した。しかし伝染力が60%さらに強い英国発変異株などが続出して最小基準線が80%以上に引き上げられた。

だが、世論調査を見ると、米国人の30%ほどはワクチン接種を依然として避けている。彼らを説得できないなら、集団免疫に達する程度まで接種率を高めるのが難しくなる。

また、現代社会は国際間が緊密につながっていて、米国や個別国家がある程度免疫を獲得したとしても、いつでもまた感染病が上陸する可能性がある。世界が一丸となって達成しなければ大きな意味がない。

◆それでも重要なワクチン接種

集団免疫が難しいといっても、ワクチン接種は依然として重要だというのが専門家の見解だ。入院率と死亡率を低く維持し、状況を管理するためにはワクチン接種比率を高める方法しかないためだ。NYTは新型コロナがインフルエンザのような季節性疾病に変化する可能性があると報じた。撲滅はできないが、ワクチンと治療剤を通じて新型コロナのウイルスと共生する日常を回復する案として探すことができるということだ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기