본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

北核専門家ヘッカー博士「北朝鮮は核弾頭45個保有」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

北朝鮮がプルトニウムを生産した寧辺の原子炉 [中央フォト]

北朝鮮が現在45個の核弾頭を保有中という推定があった。米国の北朝鮮核専門家ジークフリード・ヘッカー・スタンフォード大学名誉教授が先月30日(現地時間)、北朝鮮分析サイト「38ノース」のインタビューでこう話した。

ヘッカー博士は「現在20-60個が可能で、最も適当な数は45個とみる」とし「この数値は北朝鮮のプルトニウムや高濃縮ウラン(HEI)など核分裂性物質の生産量推定に基づく」と説明した。ヘッカー博士は「北朝鮮が45個の核兵器を生産できるほどの核分裂性物質を保有しているという意味であり、北朝鮮に現在核兵器が45個もあるという意味ではない」とし「毎年6個の核兵器を生産する能力は持っている」と強調した。

最近、韓米外交安保シンクタンクの峨山(アサン)政策研究院とランド研究所は、北朝鮮が2027年までに核兵器を最大242個保有すると予想した。21世紀軍事研究所のリュ・ソンヨプ専門研究委員は「北の核に関する情報は極めて制限的だが、ヘッカー博士の分析は最も公信力がある」とし「ヘッカー博士は2010年11月に北当局の招請で寧辺(ヨンビョン)のHEU施設内部を見た専門家であるため」と説明した。

プルトニウムの場合、ヘッカー博士は北朝鮮が毎年最大6キロを受け、現在の在庫量を25-48キロと推算した。ヘッカー博士は「最近、寧辺再処理施設が稼働している状況が把握されるが、2018年12月以降は原子炉が停止したため、これは古い核燃料を再処理するものだ」と分析した。

ヘッカー博士は「2010年に寧辺で見たHEU遠心分離機は2000個ほどだった」とし「2013年までに寧辺遠心分離機施設の大きさが倍になり、4000個に増えているはず」と話した。続いて「北朝鮮が寧辺以外にも少なくとも一つは追加で遠心分離機施設を建設したと確信する」とし「1、2カ所の施設で毎年175キロのHEUを生産し、2020年末基準で600-950キロを保有しているだろう」という見方を示した。

ヘッカー博士は「北朝鮮が2017年9月3日の6回目の核実験で水素爆弾を爆発させたと明らかにした」とし「水素爆弾を製造するにはトリチウム(三重水素)が必要だが、北朝鮮は寧辺原子炉で数個の水素爆弾に入るトリチウムを生産したと考える」と述べた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기