본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

BTS、米ビルボード・ミュージック・アワード4部門にノミネート…自己最多記録

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

BTS

グループBTS(防弾少年団)が米国3大音楽授賞式の一つである「ビルボード・ミュージック・アワード(BBMA)」で4部門にノミネートされた。

ビルボード・ミュージック・アワードは30日(以下韓国時間)、ユーチューブライブを通じて翌月24日開かれる今年授賞式の候補リストを発表した。

BTSは「トップデュオ/グループ賞(Top Duo/Group)」「トップ・セールス・ソング賞(Top Selling Song)」「トップ・ソング・セールス・アーティスト賞(Top Song Sales Artist)」、そして「トップ・ソーシャル・アーティスト賞(Top Social Artist)」にノミネートされた。

2017年「トップ・ソーシャル・アーティスト」部門に初めてノミネートされたBTSはこの授賞式で自己最多部門にノミネートされる記録を塗り替えた。

特に「トップ・セールス・ソング」と「トップ・ソング・セールス・アーティスト」部門には今年初めて候補に選ばれた。『Dynamite』のヒットのおかげだ。

『Dynamite』は、「トップ・セールス・ソング」部門でギャビー・バレットとチャーリー・プースの『I Hope』、カーディ・Bとメーガン・ザ・スタリオンの『WAP』、メーガン・ザ・スタリオンの『Savage』、ザ・ウィークエンドの『Blinding Lights』と競合する。

「トップ・ソング・セールス・アーティスト」部門ではBTSとともにジャスティン・ビーバー、メーガン・ザ・スタリオン、モーガン・ウォレン、ザ・ウィークエンドがノミネートされた。

BTSは「トップデュオ/グループ」に3年連続、「トップ・ソーシャル・アーティスト」には5年連続でノミネートされた。BTSは「トップ・ソーシャル・アーティスト」では2017年から連続受賞を続けており、「トップデュオ/グループ」でも2019年に受賞したことがある。

「トップデュオ/グループ」部門でBTSは伝説的なロックバンドAC/DCやインディー・ポップ・トリオAJR、カカントリー・デュオのダン+シェイ、ポップバンドのマールン5と競争する。

オンラインでの影響力などが反映される「トップ・ソーシャル・アーティス」にはBTSだけでなく、K-POPグループBLACKPINK(ブラックピンク)とSEVENTEEN(セブンティーン)がフィリピンボーイズグループSB19、ポップスターのアリアナ・グランデとともにノミネーションに選ばれて目を引く。この部門の受賞者はファンの投票で決定される。

「アメリカン・ミュージック・アワード」「グラミー賞」とともに米国3大音楽授賞式に選ばれる。ビルボードチャートでの実績が受賞の主な基準になる。今年の授賞式には昨年3月21日から今年4月3日までのチャートが反映される。

この期間にBTSの『Dynamite』はビルボードのメインシングルチャート「ホット100」で3週間1位を占め、特に圧倒的な音源販売量を記録して「デジタル・ソング・セールス」チャートで長期間トップの座を守った。

一方、最高賞に当たる「トップアーティスト」部門は今年ドレイク、ジュース・ワールド、ポップ・スモーク、テイラー・スウィフト、ザ・ウィークエンドがノミネートされた。

『Blinding Lights』というメガヒット曲を誕生させてもグラミー賞の候補に選ばれることができず論議を呼んだザ・ウィークエンドは、ビルボード・ミュージック・アワードでは今年最多となる計16部門にノミネートされた。

BTSは、授賞式直前である来月21日、新曲『Butter』を発売する予定だ。初めての舞台をビルボード・ミュージック・アワードで披露するかも関心事だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기