본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

日本メディア、女優ユン・ヨジョンの受賞に「韓国映画に大差つけられた」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

女優ユン・ヨジョン

第93回アカデミー授賞式で女優ユン・ヨジョンが映画『ミナリ』で助演女優賞を、中国出身クロエ・ジャオ監督が監督賞を獲得すると日本のメディアは苦々しい反応を隠すことができずにいる。

この日、NHKはジャオ監督の『ノマドランド』が監督賞と主演女優賞、作品賞など3冠となったと報じ、「一方、韓国からアメリカに移住した家族の行方を描いた『ミナリ』のユン・ヨジョンは助演女優賞を受けた」と伝えることにとどまった。

読売新聞はユン・ヨジョンの受賞記事の見出しを「アジア系ではナンシー梅木さん以来」とつけた。1958年米国映画『サヨナラ』に出演した女優ナンシー梅木に次いで2人目となるということを強調しようとする意味とみられる。ジャオ監督が最優秀監督賞を受けたという記事の見出しは「女性監督で史上2人目」だ。

毎日新聞は「昨年には韓国作品『パラサイト 半地下の家族』が非英語作品初の作品賞など4部門を制した」として「韓国映画が今年も存在感を示した」と評価した。朝日新聞は今回のアカデミー授賞式でアジア系女性が目立ったと評価した。

東洋経済は「韓国に大差つけられた日本映画界」という見出しの記事で、日本映画がアカデミーで注目されることができない理由を分析した。

2008年日本映画『おくりびと』がアカデミー外国語映画賞を受賞する快挙があったものの、その後は2018年に『万引き家族』が同部門の候補に選ばれたのみだと新聞は指摘した。反面、「韓国は『パラサイト 半地下の家族』でグランプリに当たる作品賞と国際長編映画賞をダブル受賞し、ポン・ジュノ監督が監督賞と脚本賞も制覇。そして、このたび『ミナリ』で助演女優賞を獲得した」として「完全に追い抜かれてしまった感がある」と表現した。

新聞は「現在、日本には天才的な映画監督であるポン・ジュノのような人材はいないのだろうか」とし、「映画『万引き家族』でカンヌ映画祭でパルムドールを受けた監督がいるが、国による公金を投じてのバックアップが足りないのが問題」と説明した。

同時に「海外進出までを支援する韓国映画振興委員会(KOFIC)は年間約400億円を支出。それに対して日本の文化庁が映画に出す助成金は約20億円だと言われる。単純比較で韓国のほうが20倍もお金を使っているのだ」と説明した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기