본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

日本政府、きょう3回目の緊急事態宣言…五輪は開催できるのか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

中央フォト

東京オリンピック(五輪)開幕(7月23日)をちょうど3カ月後に控え、日本政府が東京など4都府県に再び緊急事態を宣言する。急速に再拡大する新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)を統制するための措置だ。国際オリンピック委員会(IOC)が「オリンピック(五輪)は正常に開かれる」としながら火消しに乗り出しているが、内外の不安は高まる一方だ。

日本政府は22日、新型コロナ関連の対策本部会議を開き、最近拡大が深刻な東京都、大阪府、京都府、兵庫県など4都府県に対して23日中に緊急事態を宣言する方針を固めた。日本メディアは「緊急事態宣言期間は東京都の場合、25日から来月11日または16日まで、大阪は3週間から1カ月程度続くだろう」と伝えた。新型コロナ緊急事態宣言は昨年4月と今年1月に続き3回目だ。

新型コロナは日本全国に急速に広がっている。21日の新規感染者は5291人だったが、5000人台になったのは1月22日以降、3カ月ぶりだ。地域別では多い順に大阪(1242人)-東京(843人)-兵庫(563人)となっている。日本防疫専門家は東京地域内の新規感染者が一日1000人を超えて2000人台に入れば五輪開催は難しくなるという観測だ。

新規感染者のうち、多数が伝染率や致命率が高い変異株である点がさらに大きな不安要素だ。国立感染症研究所は先日、「首都圏での新規感染者に占める変異型の割合が5月前半に8~9割に達する恐れもある」と展望した。決定的に日本国内ワクチン接種日程に支障が出ている。20日基準で世界平均接種率は6.4%だが、日本は1%台にとどまっている。五輪開幕以前の集団免疫形成は期待するのが難しい実情だ。

新型コロナの再拡大の中、五輪に対する日本国民の期待も大幅に落ちた。17~18日フジニュースネットワークと産経新聞が共同で実施した世論調査で、「東京五輪を中止または延期するのが望ましい」という意見が全体回答者の74.4%に達した。読売新聞は21日、「政府と東京五輪・パラリンピック大会組織委員会などは大会の観客数上限の決定時期について、当初予定の4月から、6月へ先送りする方向で調整に入った」と伝えた。組織委は▼無観客▼5000人以内かつ収容定員の50%以内▼収容定員の50%以内など--3つの案をめぐって頭を悩ませている。

トーマス・バッハIOC会長は22日、「(緊急事態宣言は)五輪とは関係ない」として大会中止の可能性を否定した。バッハ氏は「高いワクチン接種率によって選手村は非常に安全な場所になる」とし、五輪参加選手の大部分が開幕以前にワクチン接種を終えるという意思を明らかにしたと説明した。これに対して共同通信は、日本国内の新型コロナ拡大に対するバッハ会長の状況認識が、五輪開催に対して否定的な世論と距離があるという趣旨で懸念を示した。

29日から来月5日まで続く日本最大の連休期間「ゴールデンウィーク」が東京五輪正常開催の分岐点になる見通しだ。日本メディアは、緊急事態を宣言してもゴールデンウイーク期間中に新型コロナ拡大を防ぐことができなければ日本の防疫力は臨界点を超えるかもしれず、これは東京五輪に深刻なダメージになるだろうと指摘した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기