본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓経:文大統領「韓米首脳会談でワクチン連携に心血」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

文在寅大統領

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は19日「5月韓米首脳会談で立ち止まっている韓半島(朝鮮半島)平和の時計を再び回すための努力を注ぐ」と述べた。

文大統領はこの日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)首席・補佐官会議でこのように明らかにし「経済協力とコロナ対応、ワクチン協力など両国間懸案の緊密な連携のために心血を注いでいく」と言及した。文大統領がジョー・バイデン米国大統領に会って韓半島(朝鮮半島)懸案だけでなく、ワクチン供給問題について意見を交換するということを示唆したと解釈される。

公務員には公職規律の重要性を強調した。LH(韓国土地住宅公社)事態などで国民の世論が悪化したことを考慮した発言という分析だ。文大統領は「公職規律を徹底的に確立し、さらに低い姿勢で国民の声に耳を傾けるべきだ」とし、「最後まで腐敗せず、最後まで有能でなければならない」と呼びかけた。

与党との協力を強調して立法の成果を上げてほしいとも述べた。文大統領は「政府は与党と政策協力を強化しながら民生を最も前面に出して安定感をもって政策を推進しなければならない」と話した。

ソウル釜山(プサン)など団体長が変わった地方自治体と特別な協力体制が必要だともした。防疫と不動産など民生で最も敏感な事案で協力が必要だという判断からだ。文大統領は「きわどい防疫管理に穴が開いたり、不動産市場が再び不安な状況に陥らないように中央政府と地方自治体が十分に疎通して緊密に協力してほしい」と呼びかけた。

企業との疎通ももう一度強調した。文大統領は先月、「商工の日」記念式で青瓦台参謀に企業の声を聞くことを指示した。

文大統領は「政府と企業、企業と企業間の協力がいつにもまして切実になった」として「政府は企業らと緊密に疎通して未来産業を支援するための国家戦略をさらに力強く推進しなければならない」と強調した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기